被験者募集・リテンションサービス市場、2021年から2030年にかけて大きく成長見込み

市場の概要

臨床試験は、新しい治療法の安全性と有効性を評価するための基本的な要件です。臨床試験には様々な関係者が関与し、そのプロセスは本質的に複雑であるため、試験の遅延が発生しやすく、評価された薬理学上のリード化合物のうち、最終的に市場に投入されるのは10%に過ぎません。また、臨床研究は資本集約的であり、米国だけでも製薬会社の研究開発予算の40%が臨床試験の実施に費やされていると言われています。さらに、データの取り扱いに関する非効率性や、被験者の募集と維持に関する困難さなど、いくつかの課題があり、新しい治療法の研究をさらに複雑にしています。専門家によると、リクルートが不十分なために引き起こされる製品発売の遅れは、機会費用として、ブロックバスター医薬品の場合、1日あたり平均800万米ドルの損失になると言われています。 前述の懸念事項の中でも、被験者の募集は、新薬の上市に必要な時間を大きく制限する要因と考えられています。言い換えれば、被験者の登録が不十分であることを理由に、試験期間が延長されることがよくあります。現在の推計では、登録された臨床試験の86%が予定された登録期限を満たしていません。また、臨床研究施設の37%が被験者登録の目標を達成できず、10%以上が1人の被験者も登録できていないと推定されます。さらに、医薬品の研究開発においては、被験者の維持も大きな問題であり、世界中で実施されている臨床研究における脱落率(試験終了前に試験から脱落する可能性のある被験者の割合)は約30%となっています。

長年にわたり、被験者の募集と維持の戦略は、特に様々なデジタルデータの生成、管理、マーケティングのソリューションを利用できるようになったことで、大きく進化しています。実際、臨床研究のさまざまな側面をサポートするために、最新のテクノロジーを駆使した製品が数多く登場しており、被験者の特定やリクルートもそれに含まれます。しかし、多くの製薬会社は、必要な能力を開発し、前述のソリューションを効果的に使用するために必要な専門知識とリソースを持っていません。その結果、被験者の募集と維持に関しては、アウトソーシングが一般的なオペレーションモデルとなっています。この分野の専門知識と経験を持つ複数の専門サービスプロバイダーが、ヘルスケア市場の今後のセグメントの成長を牽引しています。この分野の専門知識と経験を持ついくつかの専門サービスプロバイダーが、今後のヘルスケア市場の成長を牽引しています。受託サービスプロバイダーを利用するメリットは数多くあり、スポンサーが臨床研究のスケジュールを守ることで、計画通りにそれぞれの製品を発売することができます。臨床試験の複雑化や、オーファンドラッグや個別化医療を評価するためのニッチな被験者集団への需要の高まりにより、多くの大手製薬企業が被験者募集業務を外部に委託するようになり、さらに多くの開発企業がこれに追随するようになっています。近年、被験者募集・リテンションサービス市場では、関連会社の統合、サービスポートフォリオの拡大、地理的拡大のための共同研究などを中心に、多くの活動が行われています。さらに、COVID-19パンデミックが現場での活動や手動プロセスに与えた影響を考慮すると、被験者募集・リテンションサービス市場は今後大きな成長を遂げる可能性があると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]