細胞・遺伝子治療薬 CRO 市場、2030 年まで堅調に成長見込み

市場の概要

がん、循環器系疾患、遺伝性疾患、眼科疾患、整形外科疾患など、さまざまな疾患を治療することができる先進治療薬(ATMP)は、医療のあり方を大きく変えました。現在、30以上の細胞・遺伝子治療薬が承認され、約1,000の治療薬が評価されています。ATMPの利点と、低分子医薬品では不十分とされるいくつかの重篤な臨床症状の根本原因に対処できる能力を考慮すると、このような治療法への関心が高まっています。実際、専門家の間では、2030年までに米国内だけで40〜60種類の医薬品が承認されるだろうと言われています。しかし、他の生物学的製品と同様に、細胞治療薬や遺伝子治療薬の開発は複雑で困難であり、規制当局の厳しい審査を受けます。そのため、この分野ではアウトソーシングが好ましい運営モデルとなっており、イノベーター企業は製品開発と製造の様々な側面を専門的な契約サービスプロバイダーに大きく依存しています。

細胞・遺伝子治療薬関連の研究開発を促進するために必要な能力を有すると主張する開発業務受託機関(CRO)は、通常、豊富な経験を有し、ATMPの設計と開発の微妙な違いをよく理解しています。さらに、上記のCROに依存するイノベーターは、研究開発のインフラや専門知識の開発に費やさなければならなかったであろう多大な資本を節約することができます。全体的に、経験豊富なCROのサービスを細胞・遺伝子治療薬関連の研究開発に利用することは、スポンサーにとっても時間的なメリットがあります。長年にわたり、いくつかのCROは戦略的な提携を行い、市場での地位を強化してきました。これは、既存の能力をアップグレード・拡張したり、サービスポートフォリオや地理的範囲を拡大するために他の利害関係者と協力したりすることによるものです。さらに、CROは、様々な地域での販売許可を得るために必要な、より強固でエビデンスに基づいた臨床データを作成するために、先進的なツールや技術、プラットフォームの開発・採用に向けて多額の投資を行っています。ヘルスケア業界におけるアウトソーシングの増加傾向と、サービスプロバイダーがそれぞれの提供物をさらに改善・拡大しようとする継続的な努力を考慮すると、細胞・遺伝子治療薬 CRO 市場は 2030 年まで安定したペースで発展する可能性が高いと予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]