COVID-19ワクチンのコールドチェーン依存度、2021年から2030年にかけて増加見込み

市場の概要

承認されている生物製剤の95%以上、ワクチンの90%以上がコールドチェーンに依存しています。 WHOが発表したデータによると、現在、世界のワクチン接種率は85%近くに達していますが、コールドチェーンの不具合(不適切な流通・輸送)により25%のワクチンが破損していることが報告されています。 国によっては、コールドチェーン輸送中の温度管理が不十分なために、約80%の医薬品が効力を失っていると推定されています。 ワクチンの中には、温度や保管条件のわずかな変化でも、製品の完全性や生存率に悪影響を及ぼすものがあります。病原体の性質を考えると、これらの製品候補はコールドチェーンに依存する可能性が高いと言えます。例えば、ファイザー社が開発中の合成mRNAベースのCOVIDワクチン(今のところ最も有望な候補)は、-70℃以下での保存が求められています。このため、人口の多い地域間の距離が遠く、適切なコールドチェーンインフラがない温帯・赤道地域でのワクチンの使用やコールドチェーン配送が根本的に複雑になります。その他、エアゾール、血漿、一部の診断キットなど、低温での輸送・保管が必要なヘルスケア製品があります。

予測される世界人口の増加を考慮すると、ワクチンの需要は必然的に増加すると考えられます。そのため、明確なコールドチェーンインフラと確立されたワクチン供給ネットワークは、世界レベルの予防接種イニシアチブの成功に不可欠です。これは、喫緊の課題であるCOVID-19のすべての予防接種プログラムにも言えることです。言い換えれば、コールドチェーンロジスティクスにおける最大の課題は、コールドチェーンの保管および/またはワクチンの輸送をサポートするインフラの不足ないし不備です。 さらに、コネクテッドコールドチェーンソリューションは、従来の方法論に比べて、ほとんどのステップを自動化し、人の介入に伴うハンドリングエラーをなくすなど、様々な利点があることが確認されています。

時が経つにつれ、この業界では大きな統合が行われており、関係者はそれぞれの施設や能力を拡大し、増加する顧客へのサービスを向上させるために戦略的な買収も行っています。さらに、物流サービスプロバイダーは、患者の増加に対応するために、柔軟なビジネス戦略と技術的進歩を考案・実施することに注力しています。また、COVID-19ワクチンのコールドチェーン施設への依存度が大幅に高まることが予想されるため、各国は持続可能なコールドチェーンの保管とCOVID-19ワクチンの世界各地への流通・供給に向けて準備を進めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]