スマートフォン所有者増加により、コネクテッドメディカルデバイスユーザー数急増見込み

近年、世界的な疾病の増加に伴い、医療従事者は在宅医療への関心を高めています。このような状況の中、医療技術開発者は、より患者を中心とした製品を提供するために、セルフメディケーションを可能にする製品を求めています。2020年3月に発表された論文によると、COVID-19パンデミックの際にテレヘルスソリューションが注目されたことを受けて、米国では85%近くの患者が、医療従事者との直接対話よりもバーチャルな診察を好むことが明らかになりました。現在、Bluetooth、NFC(Near Field Communication)、IR(Infrared)、RFID(Radio Frequency Identification)などの接続ソリューションが手頃な価格で広く普及していることから、ハイブリッド製品市場が急成長しており、製薬業界も新たなステークホルダーとなっています。在宅医療の大きな課題の一つは、処方された薬の服用がうまくいかないことであり、これは治療関連の結果の悪化や医療費の増加に直結することがわかっています。前述の問題に対処するために、ヘルスケア業界は、セルフメディケーションを簡素化する手段を開発し、在宅ケアをより効果的にするための最新技術ソリューションを導入することに力を注いでいます。患者の健康状態や薬の使用状況に関するデータを収集・保存し、医療従事者に送信できるコネクテッド・ドラッグ・デリバリー・デバイスは、この分野における最近の技術革新の成果です。このような先進的なドラッグデリバリーデバイスを使用することで、医療従事者が治療の遵守状況を定期的に監視することができ、自宅での疾病管理が改善されることがこれまでに実証されています。

現在、いくつかのコネクテッド・ヘルスケア製品が市場に出回っており、代謝性疾患、呼吸器疾患、神経疾患などの複数の治療分野で使用されているほか、多くの製品が開発中です。さらに、この分野のイノベーターたちは、視聴覚や触覚によるフィードバック、エラーアラート、患者の用量調節を支援するソフトウェアなど、さまざまな追加機能を自社製品に組み込む方法を模索しています。現在、薬用吸入器、携帯型/装着型注射器、ドラッグデリバリーポンプ、埋め込み型機器など、多くのスマートバージョンが市場に出回っています。患者がこのようなスマートソリューションを採用し続けると、医療費全体の支出が減少すると予測されています。2020年には28億人以上がスマートフォンを所有すると推定されていることを考えると、このコネクテッドメディカルデバイスの主要ユーザー層は、かなりのペースで増加していると考えてよいでしょう。今後数年間、この分野の成長は、特に頻繁に投薬を必要とする慢性疾患/障害を持つ患者からの、このようなコネクテッド・ソリューションに対する需要の増加によって維持される可能性が高いと考えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]