フライングカー市場、2030年に3,200億米ドル到達見込

フライングカーの研究:明るい見通し。グーグルの自動運転車の生みの親がフライングカーの軌跡に目を向ける

従来の自動車や航空機と比較して、eVTOLは徐々に具体化してきており、ゼロエミッション、低コスト、ポイントツーポイントの低高度飛行(地理的制約のない短い移動時間)、垂直離着陸、陸上および空中でのアプリケーションを特徴としています。例えば、マルチローターの電動垂直離着陸を備えたEHang 216は、コロナウイルス危機における救急車として使用されています。

投資家は都市型エアモビリティ(UAM)を支持。ユニコーン3社の融資総額は15億米ドルを超える

2030年には、人口の60%が都市に移住し、都市の地上交通に多大な圧力がかかる可能性があります。それまでに、都市部での空中近距離移動の需要は大幅に増加するでしょう。モルガン・スタンレー社は、フライングカーの市場規模が2030年には3,200億米ドルに達すると予測しています。

フライングカーは、幅広い用途が見込まれることから、多くの投資家に支持されています。Google社の親会社であるAlphabet社の共同創業者兼CEOであるラリー・ペイジは、その可能性にいち早く着目し、Zee Aero社、Opener社、Kitty Hawk社の3社に個人的に出資しています。特に、グーグルの自動運転チームの創設者であるセバスチャン・スランは、空飛ぶ乗り物スタートアップ「キティホーク」のCEOに就任しました。これは、モビリティ市場のトレンドを示すもので、未来の交通手段は空で発展するかもしれないということです。

フライングカーのユニコーン3社のうち、アメリカのJoby Aviation、ドイツのVolocopterとLiliumは、それぞれ圧倒的な資金を調達しています。Joby Aviationは、8億2,000万米ドルという圧倒的な資金を調達しています。VolocopterはシリーズD資金調達ラウンドの締結を発表しており、その投資家はGeely、Daimler、DB Schenker、Intel Capital等です。

現在、5種類のフライングカーが量産されています。電動化と自動運転が主流に

フライングカーの開発に最も熱心なのはアメリカの企業(5割近くを占める)で、次いで中国の企業です。多くの企業が2025年頃にフライングカーの実現を目指しています。5つのフライングカープロジェクトでは、量産化が実現しており、38%が自動化を実現しています。

自動車技術と航空技術は融合しています。自動車の電動化の発展の恩恵を受け、フライングカーは耐久性が向上しています。例えば、Airbus Vahana eVTOLの航続距離は最大50kmで、基本的に都市部での短距離移動を可能にします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]