中国の産業用レーザー市場、2019年に261億人民元到達

世界最先端の製造・加工技術の一つであるレーザー技術は、工業生産、通信、情報処理、医療美容、3Dセンシング、軍事、文化教育、科学研究などに幅広く利用されています。国内の経済状況の継続的な改善に伴い、中国のレーザー産業は活況を呈しています。近年、中国はレーザー産業の発展を強化しており、すべての地域が政府の指導の下、科学研究、技術のアップグレード、市場の開拓、レーザー企業を擁するレーザー工業団地の建設に集中しています。2019年、中国のレーザー加工機の市場規模は658億元を記録し、2012年~2019年のCAGRは21.4%となりました。中長期的には、レーザー加工(レーザー切断や溶接)は、より多くのアプリケーションシナリオ(3C、電力電池、太陽光発電など)に浸透していくでしょう。中国のレーザー加工市場は、可能性を秘めた急速な成長トレンドを長期的に維持するものと予想されます。 

応用シーンの中でも、レーザー加工は、対象物との非接触性、カッティングヘッドの摩耗ゼロ、速い切断速度、適応性と柔軟性などの利点により、徐々に従来の工作機械に取って代わり、より幅広い分野で使用されており、加工効率の向上、加工コストの削減、ワークの品質向上を実現しています。一般的なレーザー加工機には、レーザー切断機、レーザー溶接機、レーザーマーカー、レーザーボール盤、レーザークラッディング装置などがあります。

レーザー切断は、レーザー加工の最も重要なアプリケーション分野です。中国におけるレーザー切断機(光ファイバ+CO2)の販売台数は、2013年の2,700台から2019年には41,000台に膨れ上がりました。市場規模を見ると、中国のレーザー切断市場は2019年に258億元となり、中国のレーザー機器市場の39%を占めています。一方、レーザーマーキングは19%、レーザー溶接はわずか12%でした。

競合状況を見ると、中国におけるレーザー加工機器の集中度は比較的低いです。2019年、年間売上高が2,000万元以上の国内レーザー企業は150社以上あり、そのうち半数以上がレーザー加工やレーザー関連分野に注力しています。2019年、Han’s Laserはレーザー加工機器で76億4,000万元の収益を得ており、市場シェアは12.6%、Huagong Techのレーザー加工機器の収益は17億2,300万元に達しており、市場シェアは2.8%を占めています。

レーザーは、レーザー機器の中核となる光学部品です。下流機器市場の急速な成長は、レーザーの需要を促進します。2019年、中国の産業用レーザー全体の市場規模(レーザーアンプを含む)は261億人民元に達し、2015年~2019年のCAGRは18.1%となりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]