中国の自動運転農業機械システム、2025年に11万5,000台販売予測

自動運転農業機械の研究。2020年には1万7,000台の自動運転農業機械システムが販売され、前年比で188%増加

自動運転農業機械は、高精度なナビゲーションに大きく依存しており、ここでの動作環境は比較的シンプルで、自律走行車技術ほど複雑ではありません。中国では農業機械化が進んでおり、精密農業に対する国の強力な支援もあって、自動運転農業機械が徐々に農地に適用されるようになってきました。現在、農業機械の自律走行システムの多くは、主にアシスト走行とリニア自律走行に重点を置いており、農業機械の操作における運転者の操作難易度や労働強度を下げることができるだけでなく、農業機械の稼働時間を延ばすこともできます。

2020年5月、中華人民共和国農業農村部(MARA)、中国国家発展改革委員会(NDRC)などは、「2020年デジタル農村開発の要点」の印刷・配布に関する通知を発行し、人工知能技術と農業の深い融合を促進するために、スマート農業、スマート農業機械・設備などを中心としたキーテクノロジーと革新的なアプリケーションの研究を提案しています。

中国の自動運転農業機械産業は急速に発展する段階に入った

自動運転農業機械の開発には、複数の関係者の調整と協力が必要です。中国の自動運転農業機械産業は、国家自動運転農業機械システムの補助金政策、BeiDouシステム第3フェーズ(BDS-3)の成功、農業機械工場、科学技術企業、機関の「無人農場」推進プロジェクトなどの複数の要因により、急速な発展段階に入っています。

2020年、中国の自動運転農業機械システムの販売量は爆発的な伸びを示しました。MARAが発表したデータによると、2020年に農業機械がサポートした北斗端末は2万3,000セット以上で、前年の約4倍になり、自動運転農業機械システムは1万7,000セットで、前年比188%の急増となりました。農地流通量の増加、高規格農地の先行建設、都市化の進展に伴う農村人口の減少などにより、中国の自動運転農業機械システムはしばらくの間、急速な成長を続けると予測しています。2025年には11万5,000台の自動運転農業機械システムが販売されるでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]