2026年の光ファイバープリフォーム産業の需要、世界の2万5880トンに対し、中国は1万2600トンに到達予測 5G構築の本格化は市場の成長の牽引役に

ハイテク製品としての光ファイバープリフォームは、光ファイバー産業チェーンの重要な役目を担い、利益の約70%に貢献しています。飽和状態にある、グローバル4GとFTTHの構築は、光ファイバーとケーブルの需要の縮小につながり、光ファイバープリフォームの需要も減少しています。しかし、5G構築は光ファイバーだけでなく、光ファイバープリフォームの需要拡大ももたらします。

2019年、世界の光ファイバープリフォームの生産能力は2万6676トン、稼働率70.9%の生産量は約1万8902トンに達し、近年の、中国企業が投資した建設プロジェクトの相次ぐ生産に起因する深刻な供給過多を表しています。2020年の、世界の光ファイバープリフォームの生産能力は年間3万436トンに増加すると予想されています。

中国は、国内の競合他社の生産拡大とともに、世界最大の光ファイバープリフォーム生産国となり、2019年の生産能力は、国内市場の需要を満たす年間1万6426トンで、世界全体の61.6%のシェアを占めています。中国の光ファイバープリフォーム生産量は、4G建設やFTTHの完成、および5G建設の初期段階における光ファイバ・ケーブル市場の需要の低迷が主な原因で、前年比1.1%減の約8800トンとなっています。

技術的な障壁が高い光ファイバープリフォーム業界には、米国のCorning、イタリアのPrysmian、日本の住友電気工業、信越化学工業、フジクラをはじめ、Yangtze Optical Fibre and Cable Joint Stock(YOFC)、Hengtong Optic-electric(Hengt)、Futong Group、Jiangsu Zhongtian Technology (ZTT)など中国の企業とともに、世界に約20社の企業が存在しています。2019年には、世界の上位5社が合計58.2%のシェアを占め、そのうちCorningが15.5%で1位、次いでYOFCが15.2%の2位となっています。

一部の中国企業は光ファイバープリフォームの容量を拡大しています。例えば、FiberHome Ruituo Technologyは2019年11月28日、転換社債の発行による資金調達に関する目論見書を公表し、30億8835万元を調達する計画をたて、そのうち5億元を光ファイバープリフォームプロジェクト(フェーズI)に充当すると発表しました。Far East Smarter Energy Co.、Ltdは、2020年にA株私募発行計画を発表し、光ファイバープリフォーム、光ファイバー・ケーブル産業チェーン構築プロジェクトのための15億200万元を含む25億5200万元を超える資本金を調達する計画を立てています。今後、中国の光ファイバープリフォーム業界は、さらに競争を激化していくことが予想されます。

5G構築は世界中で本格化しており、光ファイバープリフォームの旺盛な需要を引き起こしています。また、海外でのFTTX開発や海底ケーブルシステムの整備により、光ファイバープリフォームの需要が高まっています。2026年には、世界の光ファイバープリフォーム需要は推定2万5880トンとなり、中国では1万2600トンに達すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]