中国の商用車ファイナンスの市場規模、2026年までに405万6000台に達し、普及率80%に到達予測

4段階の発展を経た中国の自動車金融は、現在、多様な競争を特徴とする市場となっており、2019年の普及率は52%で、評価額は1兆2800億元となりました。

過去2年間の商用車の販売台数は、400万台以上で推移しています。中国では、2020年第1四半期に商用車販売がCOVID-19パンデミックの影響を受けたにもかかわらず、主要インフラ、ロジスティクスeコマース、および5Gの急速な進展により、商用車の需要を急激に牽引しました。2020年は、7月までの商用車販売台数が283万1800台となり、前年同期比で14.3%の上昇となりました。

中国では、商用車市場の隆盛が商用車金融市場を活性化させています。2019年の中国の商用車ファイナンスの普及率は約55%で、成熟した世界市場の90%を大きく下回っており、成長の余地が大きいと言えます。2019年の商用車販売台数が432万4000台であったことから、2019年の中国の商用車ファイナンス市場は、237万8000台の規模となりました。

中国の商用車ファイナンス市場は、現在、自動車メーカーをバックにした金融リース会社と銀行をバックにした金融リース会社により支配されており、2019年に市場の75.5%を占めました。一方で、商業銀行のシェアは14.9%で、4位にランクされています。自動車メーカー系金融リース会社のシェアが目立つのは、ほとんどのメーカーが、製造から販売、ファイナンスまでを、閉ざされた販売網で展開している事によります。

中古車評価システムの脆弱性、不健全なリスク管理システム、他を顧みない競争、巨額な金融資本の需要と銀行資本による供給不足など、さまざまな不完全性が、中国の商用車金融サービス発展の抑制要因となっています。

しかし、中国の商用車金融のリスク管理システムは徐々に改善されてきています。一つには、ビッグデータなどの高度なテクノロジーによる、より良いソリューションの提供があります。さらに、自動車メーカー、保険会社、リース会社、物流会社のサポートが、リスク管理システムを完成させるのに役立っている点があります。

今後数年の間に、国による有利な政策は市場の成熟を促進し、商品の多様化、リスク管理システムの改善、貸出条件の緩和、普及率の向上が期待できます。中国の商用車ファイナンスの市場規模は、2026年までに405万6000台に達し、普及率80%に至ると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]