燃料電池産業:自動車分野での商品化が進む 水素燃料電池車の開発・実用化に注力する大手メーカーも

燃料電池の研究:10年後の燃料電池車ブームに期待

戦略的に重要なクリーンエネルギーである水素は、広く注目されており、上昇傾向にあります。低騒音・ゼロエミッションで効率的に燃料エネルギーを変換できる水素燃料電池は、固定発電所だけでなく、自動車、船舶、列車などにも広く採用されています。

燃料電池は各国の政府や企業の関心事であり、研究開発、実証、実用化が進んでいます。水素と燃料電池はすでにいくつかの分野で実用化されていますが、その中でも特に自動車分野での商品化が進んでいます。自動車産業のライフサイクルという観点から見ると、ICE車は成熟期に達しており、従来の自動車メーカーは新エネルギー車産業の隆盛を背景に変革のペースを速めています。大手自動車メーカーの中には水素燃料電池車の開発・実用化に力を入れているところもあります。

燃料電池自動車産業の現状と計画

世界の主要国は、将来のエネルギー競争をリードするために、水素燃料電池車の開発に莫大な資金をかけようとしています。これまでのところ、日本、韓国、中国が燃料電池車業界に多額の投資を行っています。代表的な自動車メーカーであるトヨタとHyundaiは、燃料電池乗用車、水素バス、物流車の生産で同業他社に先んじています。ここ2年のトランプ政権による政策の影響で、米国の燃料電池車の開発が妨げられていますが、燃料電池乗用車の最大市場の一つであるカリフォルニア州は、依然として巨大な存在です。欧州では早くから燃料電池の開発が進んでおり、Mercedes-Benzなどの伝統的な自動車メーカーやBoschなどのTier1サプライヤーが燃料電池車の分野に進出しています。

中国は燃料電池システムとエンジンの分野でトップシェアに迫る

燃料電池エンジンシステムは、燃料電池エンジン、電圧変換器(DC/DC)、車両用水素システムで構成されており、燃料電池エンジンは、スタック、エンジンコントローラ、水素供給システム、空気供給システムなどのコアコンポーネントを搭載しています。

現在、中国は燃料電池システムとエンジンの分野で世界のリーダーとなる存在です。燃料電池自動車は、燃料電池エンジンの技術の面では、実用化に向けて十分に成熟しています。商用車用燃料電池の耐用年数は2万時間を超え、自動車の走行に必要な基本的なニーズを満たしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]