シェアードモビリティ市場、自動運転の開発が市場拡大の必須条件に 自動車メーカーやロボタクシー企業が市場に参入

現在、シェアードモビリティ業界は苦境に立たされています。2019年以降、企業の財務は脆弱性を露呈し、資金調達額やラウンド(判断レベル)が急落する中で次々と企業は閉鎖に追い込まれました。COVID-19のパンデミックが事態を悪化させています。Uber社やLyft社のようなシェアードモビリティ企業は雇用を削減している一方で、多くの自動車メーカーやロボタクシー企業はシェアードモビリティ市場に参入してきています。

GoFun社のTan Yi氏によると、シェアードモビリティ1.0(第一次交通革命)は現在の公共交通システムを意味し、2.0(第二次交通革命)は現在発生しているライド・ホーリングやタイムシェアのレンタルなどの新しいフォーマットを意味し、3.0(第三次交通革命)は将来の自動運転の応用を意味すると考えられています。

シェアードモビリティは自動運転と密接な関係があります。どちらも現段階では収益を上げることは難しい分野であると推測されます。

UBS Evidence Labによると、2030年までに世界のロボタクシー車両の市場価値は少なくとも年間2兆米ドル規模に拡大し、新車の12%がロボタクシー車両として販売され、2600万台のロボタクシーが稼働すると推定されています。

将来のシェアードモビリティ市場に取り残されないために、大手企業は中小企業に圧力をかけ、開発資金を援助してきました。シェアードモビリティ市場の拡大には、自動運転技術の高度化が必須ですが、規制、ビジネスモデル、技術が未熟であるため、その目標には到達していません。

シェアードモビリティ市場は、連携した開発が必要であり、発展途上にあります。WAYMO社は10年前からロボタクシーをテストしてきました。BMW社は10年近くシェアードモビリティ事業を模索してきましたが、現段階ではダイムラーと提携し、自動運転とシェアードモビリティでの深い協力関係を推し進めています。

General Motors社の調査によると、2025年までにシェアードモビリティの経費は、自動運転の採用により、3ドル/マイルから1ドル/マイルに削減され、運用コストの改善が見込まれています。2030年以降は、ロボタクシーの走行距離が全体の75%を占めると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]