自動車金融の主要部門である金融リース、中国では2019年にかけて自動車業界の回復と共に発展 市場規模は1073億元に到達

消費者が車の購入に消極的であった低迷期の後、中国では2018年から2019年にかけて自動車消費者金融の需要が高まり、中国自動車業界はいち早く市場を回復させ、多くの注目を集めました。特に自動車金融の主要部門である金融リースは、自動車消費者金融よりも利用しやすく、消費者と自動車メーカー双方に有益であり、小都市と農村部の市場に根ざしています。過去10年間の中国の自動車産業の急成長を受けて、自動車金融リース業界は市場規模が2019年には1073億元に達し、自動車の値下げ、業界の成熟化、自動車金融リースの利用の増加で、さらに3960億元に達すると予測されています。

中国の自動車金融リースの歴史はそう長くありません。企業は独自の開発ルートを模索し、ゆっくりと発展する事を特徴としています。現在、業界内で最も活発なインターネットベースの自動車金融リース会社が急速に事業を展開していますが、自動車メーカーやディーラーは既存の自動車クレジットビジネスに集中しているため、自動車金融リースの分野では限られた資金をゆっくりと投入して発展しています。また、専門のリース会社は目立たず、成熟したファイナンシャルリースのおかげで業界は大きな進歩を遂げています。

自動車メーカーによる支援:自動車金融会社は、利害関係者の預金、銀行間借入などを介して資金を調達できるようになったため、資本的に有利です。さらに、車を購入するのにかかる費用は最小限ですが、車のモデルはそれほど多くありません。

プロのリース会社:成熟したビジネスモデルを持ち、リスク管理に十分な能力を備えています。

ディーラー会社:自動車モデルが豊富であり、本格的なマーケティングチャネルの顧客獲得において絶対的な利点を享受しています。

インターネットベース:金融リース会社は、マス広告、地上プロモーション、アウトレットの普及など様々な方法により、顧客獲得のための独自のチャネルを迅速に構築しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]