中国のレベル4自動運転、限定地域でのロボタクシーの商業運転に成功 CVISの利用でより高度な開発に着手

上位企業が高額融資を獲得

レベル4(L4)自動運転の進歩はここ2年間で大きく妨げられており、OEMやTier1企業のL4発売の遅れを招いています。一方で、L4の上位企業は昨年、巨額の資金を調達しています

2019年、Baidu、Pony.aiとWeRideは、限られた地域の都市道路上でロボタクシーの商業運転に成功しました。これは中国でのL4自動運転のための重要なステップです。

L4自動運転技術が実際に応用されるようになっても、現在のL4はすべての運転環境に適応しているわけではないため、多くのプレイヤーは最初に1つか2つのシナリオで展開することになります。

OEMと自動運転の技術環境を提供する企業の計画を見ると、L4自動運転は今後3年から5年の間で、はじめは限定的な形で商品化されることが予測されます。

Baidu、UISEE、DeepBlue、およびTrunk Techはすべて、公園、港湾、空港などの限られた条件でL4試験を実施しています。さらに、Baidu、Momenta、Bosch、ZongMu、UISEEは、駐車場環境での開発を精力的に展開しています。

オ-プン条件での展開には、都市道路でのロボタクシーと高速道路での自動運転トラックが含まれます。ロボタクシーの分野では、Waymo、Baidu、Pony.ai、WeRideが中国と米国の特定の地域でプロジェクトを実施しており、WeRideはすでに2019年11月に全面公開されています。ソフトウェアおよびハードウェアテクノロジーを考慮した大規模なテストは、より広い領域のオープンロボタクシーに不可欠です。

技術的には、現在のテスト用(あるいは試運転用)のL4自動運転車は、ほとんどがシングルカーインテリジェンスソリューションを備えています。より安全な自動運転のために、車両の環境認識能力をこれまで以上に最適化しています。例えば、VoyageのG2自動運転車には、Velodyne社のVLS-128 LiDARシステムが搭載されており、検出距離は300mまでで、第1世代自動運転車に搭載されていた64チャンネルのLiDARの3倍の能力を持っています。29台のカメラを搭載したWaymoの次世代自動運転システムでは、検出距離500mを実現し、LiDARの性能を大幅に向上させています。

また、車両の運動認識能力を高めることも重要です。高精度測位モジュール(5Gモジュール、IMU、HDマップで構成)を搭載することで、高精度測位を実現します。短期的には、シングルカーインテリジェンスソリューションまたは強力なフィールドターミナルソリューションのいずれかが、限られたエリアでのL4自動運転を実現しますが、長期的にはCVIS(Collaborative Vehicle Infrastructure System)がL4自動運転のための主流の技術ロードマップとなります。

Baiduは、テストデータを分析することで、CVISが道路テストで遭遇した問題の54%とシングルカーインテリジェンスで発生した問題の62%を解決し、自動運転の安全性のためのゆとりを追加することができると結論付けています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]