自動車用OS市場、OEMが重要視 オープンソースのソフトウェアの利用でコスト削減を実現

スマートコックピットやインテリジェントドライビングの進歩、そしてテスラの飛躍的躍進により、OEMは自動車のOS(オペレーティング・システム)をより重視するようになりました。しかし、新車メーカーも従来のOEMも、インテリジェントカー用のベースソフトウェアを開発するのは決して簡単なことではありません。

自動車OSの4つのタイプ

1) 基本的な自動車OS:AliOS、QNX、Linuxなどの基本的な自動車OSを指し、システムカーネル、基礎となるドライバ、仮想マシンのようなすべての基本コンポーネントを含みます。

2) カスタムメイドの自動車OS:基本OSをベースに(OEMと Tier 1 サプライヤーと共に)開発を進め、最終的にコックピットシステムプラットフォームや自動運転システムプラットフォームを実現します。例として、Baidu車載OSとVW.OSがあります。

3)ROM自動運転OS:システムカーネルを変更するのではなく、Android(またはLinux)をベースにカスタマイズ開発を行います。MIUIは携帯電話に適用される典型的なシステムです。ベンツ、BMW、NIO、XPeng、CHJ AutomotiveはROM自動OSを好んで開発する傾向にあります。

4) スーパーオートAPP(電話マッピングシステム):地図、音楽、音声、社会性などを統合して車の所有者のニーズを満たす多目的APPを指します。例として、CarlifeやCarPlayがあります。

OEMは、車のベースとなるソフトウェアやハードウェアを制御し、ニュートラルなOSを使用するとともに、共同研究やオープンソースのソフトウェアを活用することで、開発サイクルやコストを削減することに力を注いでいます。

ニュートラルOSとフリーOSへの嗜好

中国の自動車メーカーの多くがAndroidを選択しているのに対し、海外の自動車メーカーはAGLを選択していることがわかります。AndroidとAGLはどちらも中立的で自由なOSです。

Androidのエコシステムは、AGLと比較して、中国のOEMに広く利用されています。しかし、2019年にGoogleがHuaweiのスマホでのGoogleモバイルサービス(GMS)の使用を禁止したため、中国のOEMはAndroidを適用することにリスクを感じていました。現在、AliOSはすでに少なくとも9つの自動車ブランドで見られるようになっています。

IT企業が車と各種スマートハードウェアをOS経由で結合

LGは2013年にHPからwebOS(Palmが開発)を買収し、携帯電話OSとしてのwebOSをテレビ、スマート冷蔵庫、スマートウォッチ、スマートカーに適したものに拡張しました。現在、LGはwebOS対応のスマートテレビを数百万台販売しています。2020年初頭には、自動車分野でLGのwebOSがますます見られるようになりました。

サムスンは、ウェアラブルやスマート冷蔵庫にすでに見られるオープンOSであるTizenに対して意欲的な計画を持っており、将来的には床掃除ロボットや洗濯機、エアコン、さらには自動車にも適用する予定です。

Huawei は、マイクロカーネルベースの分散OSであるHarmony OSで機能し、あらゆるシナリオですべてのデバイスに「スムーズな体験」を提供するように設計されています。これにより、スマートフォン、テレビ、タブレットPC、車載インフォテインメントなど、複数のデバイスやプラットフォーム間での効果を発揮します。

IT企業は、OSを中心として、モビリティから自宅、オフィスまで、あらゆるシナリオのインテリジェンスを実現しようとしています。OEMが計画を採用するかどうか、そしていつ計画が実際に実行されるかは今後の動向が注目されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]