中国のコールドチェーン物流、急伸の生鮮食品が電子商取引拡大の要因 医薬品、ワクチン、血液製剤、診断薬などの需要に期待

中国の居住者は食料消費の変化を認識しており、加速する都市化に加えて、食品のコールドチェーンに対する市場の需要が高まっています。中国政府はコールドチェーンインフラへの投資を強化し、コールドチェーン物流の拡大を促進しています。2019年、中国市場は2763億7700万元から2026年には5122億5,000万元に達し、CAGR9.4%で成長すると予測されています。中国の政策と基準が明確になり、生鮮食品の電子商取引など、金融革新が進むにつれて、中国のコールドチェーン物流業界は大きく発展しています。

コールドチェーン物流は、主に食肉、水産物、冷凍食品、青果物、乳製品が牽引しており、その中でも青果物のコールドチェーンは最大の市場です。また、水産物はコールドチェーンの需要が急速に成長しています。さらに、医薬品、特にワクチン、血液製剤、診断薬は、コールドチェーン物流の主要な成長要因になると予測されています。

コールドチェーン物流における競争

物流事業:コールドチェーン物流事業者の大半は、冷蔵倉庫と冷蔵輸送の両方を行っており、その中には、中国内で最大級の冷蔵倉庫、冷蔵輸送能力を誇るXianyi Holdings、Swire Cold Chain Logistics、ZM Logisticsなども含まれます。

冷蔵事業:中国の冷蔵市場は分散しており、地域性がはっきりしているのが特徴です。2019年の上位10社の冷蔵倉庫事業者の倉庫容量は最大2515万立方メートルで、全国合計の約17.3%のシェアを占めており、代表的な企業はXianyi Holdings、Swire Cold Chain Logistics、およびChina Merchants Americoldです。それぞれが全国的な低温貯蔵ネットワークを保有しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]