新エネルギー車用高電圧ワイヤーハーネス市場、2020年に46億9,000万人民元到達

自動車用ワイヤーハーネスは、多くの場合、メインワイヤーハーネスと小型ワイヤーハーネスの2種類に分けられます。また、新エネルギー車の登場に伴い、自動車用ワイヤーハーネスも低電圧用と高電圧用に分けられます。従来の燃料電池車には低圧ハーネスが、新エネルギー車には高圧ハーネスが使われています。

新エネルギー車の登場により、高電圧用ワイヤーハーネスの需要が高まります。2020年の新エネルギー車用高電圧ワイヤーハーネスの市場規模は、前年比41.4%増の46億9,000万人民元となり、自動車用ワイヤーハーネス市場全体の約3%を占めています。今後、政府や自動車メーカーが推進する新エネルギー車の販売台数が増加し、高電圧用ワイヤーハーネス市場も大きく成長すると考えられます。

自動車用ワイヤーハーネスメーカーは4つの階層に分かれており、第1階層には矢崎、住友電工、第2階層にはAptiv、Leoni、Lear、第3階層にはDraexlmaier、Kromberg & Schubert、古河電工、Yuratech、Kyungshin、Fujikura、第4階層には小規模なワイヤーハーネスメーカーが多数存在しています。

現段階では、自動車メーカーと安定した供給関係を築いている第1~3勢力が、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場をほぼ独占しています。さらに、国際的なワイヤーハーネスメーカーは、100%出資の会社を買収・設立したり、現地企業との合弁会社を設立したりして、将来性のある中国市場に進出し、共同出資の自動車工場や自国の自動車メーカーを支援しようとしています。

現地企業が国際的な自動車メーカーのサプライチェーンに参入する

中国の代表的な自動車用ワイヤーハーネス企業としては、昆山虎光汽車配件有限公司、THBグループ、深圳德仁電子有限公司、上海金頂汽車配件有限公司(江蘇エターン有限公司)、マインド電子アプライアンス社、Luxshare Precision Industry Co.Ltd.、Shenzhen Qiaoyun Electronics Co.Ltd.、Jiangsu Huakai Wire Harness Co.Ltd.、Keboda Technology Co.Ltd.などがあります。 自家製自動車部品の購入が増える中、長年の技術的専門知識と開発経験を持つ中国ハーネス企業は、タイムリーで効果的なサービスと信頼性の高い製品により、世界的に有名な自動車メーカーのサプライチェーンに入り込み、力をつけてきました。例えば、THBグループ、昆山国光汽車配件有限公司、上海金亭汽車配件有限公司、深圳徳仁電子有限公司、ケボダテクノロジー株式会社などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]