自動運転業界、クラウド・シミュレーション・パートナーとしてMicrosoft Azureを一般的に採用

自動運転シミュレーション研究。外資系大手はクローズドループのシミュレーションプラットフォームを構築、中国企業はシナリオライブラリの構築に注力

高度な自動運転の開発では、シミュレーションテストの重要性がますます明らかになってきています。2020年から2021年にかけて、自動運転シミュレーションの分野では、外資系企業も中国企業もレイアウトをステップアップさせています。

海外のシミュレーション大手は、産業の壁を設定するための閉ループのシミュレーションプラットフォームの構築に力を入れている

産業用シミュレーションから自動運転シミュレーションへの移行において、AnsysやSiemensなどの巨人たちは、継続的な買収、協力、技術開発を通じて、自動運転シミュレーションの各種モジュールを確立し、シミュレーションプラットフォームの閉ループを強化し、産業の壁を築いてきました。現在、海外の大手企業のレイアウトは、シミュレーション分野の80%以上をカバーしており、継続的に更新されています。

2020年から2021年にかけて、海外のトップシミュレーション企業は以下の分野を更新・最適化しました。

1. カメラ、レーダー、LiDARなど、より多くのセンサーモデルに対応

ANSYS:カメラ、LiDAR、レーダーを追加した統一シミュレーション

2020年1月7日、フリアーシステムズ社とANSYS社は、運転支援や自動運転車(AV)向けに優れた危険検知機能を提供し、自動車メーカーがこれまでにない車両安全性を実現するために提携しました。このパートナーシップにより、フリアーシステムズは、完全に物理ベースのサーマルセンサーをANSYSの最先端ドライビングシミュレータに統合し、超リアルな仮想世界でサーマルカメラの設計をモデリング、テスト、検証します。この新しいソリューションは、自動緊急ブレーキ(AEB)、歩行者検知、将来のAVなどのツールで使用するサーマルカメラの配置を最適化することで、OEMの開発期間を短縮します。

2021年1月、ANSYS 2021 R1は、AVシミュレーションの信頼性を向上させるために、スキャニングおよび回転するライダモデルを用いて、センサーシミュレーション機能を拡張しました。同時に、新しいGPUを使用してレーダーシミュレーションを高速化しました。

シーメンス:LiDARシミュレーションの追加

2020年9月、シーメンスはXenomatiX社と提携し、同社のSimcenter Prescanソフトウェアに物理ベースの汎用LiDARシミュレーションモデルを追加しました。XenomatiX社の光学チームの知識や専門性と、同社の先進的な真のソリッドステートLiDAR技術を組み合わせることで、シーメンスはシミュレーションモデルを微調整し、XenomatiX社の実際の測定値で検証することができます。

現在、PrescanのLiDARモデルは、材料のすべての光学特性(表面形状、反射特性、テクスチャ、構造など)を正確に表現することができます。

CARLA: LiDARセンサーのアップグレード

2020年9月、CARLA 0.9.10には、センサーへの特筆すべき献身的な改良がトランクに詰め込まれて登場しました。LIDARセンサーがアップグレードされ、全く新しいセマンティックLiDARセンサーが周囲の情報をより多く提供しています。

2. クラウドシミュレーションの拡大

クラウドコンピューティングの能力は、大規模なシミュレーションをサポートし、膨大な走行シナリオをカバーし、高並列の実行テストを実現し、シミュレーションの実行速度を加速します。したがって、クラウドでの超並列アクセラレーションは、自動運転シミュレーション・テスト・プラットフォームに必要なコア機能の1つです。現在、自動運転業界では、クラウド・シミュレーション・パートナーとしてMicrosoft Azureが一般的に採用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]