オンコロジー前臨床CRO市場規模、2026年末までに6億8226万米ドルに達する見込み

オンコロジー前臨床CRO市場規模は、2026年末までに6億8226万米ドルに達し、2020年~2026年の間のCAGRで12.35%の成長が予測されています。免疫不全マウスベースのモデルは、世界中で腫瘍学研究を行うために一般的に利用されています。この業界の着実な成長の原因となる要因は、癌の増加するケース、研究目的のための政府資金の利用可能性、およびCROによる癌に関する専門知識の増大です。

さらに、特許の満了、ジェネリック医薬品の急速な成長、バイオシミラー同等物の導入による競争の激化からの圧力により、製薬会社はそのような組織の支援を受けるようになっています。したがって、オンコロジー前臨床CRO市場は予測期間にわたって有利な成長をしていく可能性があると予測できます。

成長を推進するもう1つの要因は、癌の発生率の増加と、既存の治療オプションの失敗率が高いことです。世界保健機関(WHO)が発表した統計によると、毎年約820万人の癌による死亡が記録されており、これは世界中で13.0%の死亡を占めています。固形腫瘍セグメントは、オンコロジー前臨床CRO市場で最大の市場シェアを保持すると予想されています

オンコロジー前臨床CRO市場は、血液がん、固形腫瘍、およびその他の適応症に基づいて分析されています。 2019年の時点で固形腫瘍がセグメントを支配し、市場シェアの40%以上を占めています。固形腫瘍の分野でのより高度な研究の原因となる要因には、大手製薬会社によってパイプラインにある800以上の新しい分子の存在、NIHやNCIなどの研究所からの助成金の入手可能性、および治療の需要と供給の既存のギャップが含まれます。世界中の政府機関によって提供された統計によると、感染症のワクチン開発に加えて、腫瘍学は最も研究された適応症の1つです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]