長期介護保険の市場規模、2026年末までに390億5200万米ドル到達

長期介護保険の市場規模は、2026年末までに390億5200万米ドルに達し、2020年~2026年はCAGR4.25%で成長すると予測されています。

長期介護保険市場は、プレーヤー、地域(国)、タイプ、およびアプリケーションによって分割されます。プレーヤー、利害関係者、および世界の介護保険市場の他の参加者は、レポートを強力なリソースとして使用することで優位に立つことができます。

長期介護保険市場には主に2つのタイプの商品があり、従来型の長期介護保険とハイブリッド型長期介護保険に分類されます。従来型の長期介護保険は、将来のメリットと引き換えに、加入者が保険料を支払い、典型的な保険のポリシーとして機能します。このポリシーは現金価値を持たずして長期ケア滞在の場合に特定の日々の給付額を提供するなど、クライアントのニーズを満たすように構成が可能です。従来の介護保険は、世界の介護保険市場で21.07%のシェアを占めています。また、この製品セグメントは、2020年の6億1100万米ドルから2026年までに6億6250万米ドルに達する見込みです。

一方、ハイブリッド型介護保険とは、長期介護保険付きの資産ベース生命/年金プランを意味します。ハイブリッド保険は、介護保険と生命保険または年金保険を組み合わせたものです。長期介護サービスを利用しない場合、受益者は死亡手当または支払いを受けます。

世界の長期介護保険市場は、地理的に北米、欧州、中国、日本、インド、中南米、および行に分割されています。北米は世界の市場で最大のシェアを占め、2019年の世界の市場の市場規模は39%を超えており、欧州がその次に続きます。

長期介護保険市場の主なプレーヤーは、Genworth、John Hancock、Aviva、Allianz、Aegon、第一生命保険、AXA、China Life、Prudential、Generali Italiaなどが挙げられます。Genworthは最大シェアを占めており、2019年の保険料は世界市場の8%を超えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]