リノール酸、2026年の市場収益は8,415万米ドルに達する見込み

2019年のリノール酸市場の収益は4,692万米ドルで、2026年末までに8,415万米ドルに達する予測です。2019~2026年のCAGRは8.70%で成長する見込みです。

当レポートでは、世界、地域、企業レベルでリノール酸の生産量と収益額に焦点を当てています。地域別の分析では、北米、欧州、日本、中国、東南アジア、インドなどのリノール酸の生産量、消費量、輸出入量を取り上げます。対象となるメーカーについて、リノール酸の製造拠点、生産能力、各企業の生産、工場出荷時の価格、収益、市場シェアを分析しています。

リノール酸は他の必須脂肪酸に変換できるため、脂肪酸の中で最も重要です。リノール酸は2つの二重結合を持ち、多価不飽和脂肪酸であり、正常な脳機能だけでなく、健康な皮膚や髪に不可欠な脂肪酸です。体内で自然に生産することはできないため、食品から入手する必要があります。食用としてはサラダ油、マーガリンなど、様々な料理に含まれており、速乾性のせっけんや油の原料および他のいくつかの産業用アプリケーションなどにも用いられています。

リノール酸市場の主要企業は、EastmanやOleon、KLK OLEO、Caila and Pares、Fairchem、Univar Solutionsなどです。トップ3プレーヤーによる市場シェアは2019年に41.56%でしたが、トップ6プレーヤーのシェアは49.03%でした。つまり、市場は細分化されており、各企業は幅広い製品ポートフォリオを所有しています。

塗料&コーティングは、2019年のリノール酸の消費の約65.63%を形成し、最大のシェアを占めました。さらに、予測期間中に7.02%のCAGRで成長すると予想されています。リノール酸市場で18.85%以上のシェアを持つ接着剤は、2019年で2番目に大きいアプリケーション市場であり、予測期間中、7.91%のCAGRで成長すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]