水素および燃料電池市場、2026年までに55億1589万米ドル規模に達すると予想

QYResearchによると、世界の水素および燃料電池の市場規模は2026年までに55億1589万米ドルに達すると予想されています。クリーンエネルギーの需要の増加は、予測期間中の市場成長を促進する重要な要因です。伝統的に、北米市場は電気自動車の商業化と採用により大きく発展しています。ただし、アジア太平洋地域は2019年の出荷の面で成長市場として浮上しています。APAC市場での熱電併給システムに対する需要の高まりが市場の需要を引き起こしています。水素および燃料電池市場は、タイプ別に、空冷式と輸送冷却式に区分されており、空冷システムは2019年に最大の市場シェアを占めています。クリーンエネルギーの生成と水素および燃料電池への依存に対する需要の高まりや、先進地域の公共交通システムは、市場の成長を促進しています。さらに、構造が単純、軽量、価格が比較的安いなど、空冷システムによって提供される利点は、予測期間中に空冷システムの需要を促進する可能性があります。

電力ベースの発電は、二酸化炭素またはその他の有害な汚染物質の排出を最小限に抑えるのに効果的です。したがって、水素および燃料電池技術は、環境問題に対処し、エネルギーの再生可能なキャリアの使用を促進する上で重要な役割を果たします。進行中の製品開発と革新は、新興企業に新しい機会を開くことが期待されています。水素と燃料電池を使用すると、石炭、天然ガス、石油化学誘導体などの再生不可能なエネルギー源への依存を最小限に抑えることができます。水素および燃料電池は、電気化学プロセスを使用してエネルギーを生成し、燃料の燃焼を減らします。従来のエンジンと水素および燃料電池を使用したハイブリッドシステムは、ほとんどの電気自動車に導入されています。業界で活躍する主要な市場プレーヤーは、パナソニック、東芝ESS、プラグパワー、インテリジェントエネルギー、バラードパワーシステム、ハイドロゲニクス、パールハイドロジェン、サンライズパワー、Nedstack、Horizon Fuel Cell Technologies、PowerCell Sweden、Air Liquide(Axane)などです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]