コンテンツモデレーションソリューションの世界市場、欧州が牽引

世界のコンテンツモデレーションソリューション市場規模は、2019年に69億7,000万米ドルとなり、2026年末までに124億7,000万米ドルに達すると予測されています。2020年から2026年のCAGRは9.26%が見込まれています。

コンテンツモデレーションソリューションは、タイプ別にサービス、ソフトウェア、プラットフォームに分類されます。サービスは、2019年の市場規模全体の約56.24%を占める最も広く使用されているタイプです。コンテンツモデレーションソリューションには、ソーシャルメディア、電子商取引小売業者などの幅広いアプリケーションがあり、ソーシャルメディアが最も広く使用されていたヨーロッパは、過去数年で世界最大のコンテンツモデレーションソリューションの地域であり、今後数年で増加し続けます。欧州市場は2019年に世界市場の約33.10%を占め、中国と北米はそれぞれ約17.21%、22.25%でした。

現在、中国、米国、フィリピンなどがコンテンツモデレーションソリューションの主要プロバイダーです。 Besedo、Viafoura、TaskUs、Appen、Open Access BPO、Microsoft Azure、Magellan Solutions、Cogito、Clarifai、Webhelpなどが、グローバルコンテンツモデレーションソリューション市場の主要なサプライヤーで、トップ5で、2019年に世界市場の約24.18%を占めました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]