世界の過電流非破壊検査(NDT)装置市場2026年末までに5億2929万米ドルに達すると予想

NDTは製造のすべての段階で使用され、原材料、コンポーネント、溶接構造、アッセンブリの欠陥テストをします。欠陥を検出および評価するために最も広く使用されている技術の1つは渦電流試験(ECT)であり、この技術は何十年も使用されてきましたが、非常に正確で信頼性が高く、繊細で汎用性の高いリソースであることが保証されています。

世界の過電流非破壊検査(NDT)装置市場は2019年に3億5526万米ドルに評価され、2026年末までに5億2929万米ドルに達し、2020-2026年に6.06%のCAGRで成長しますると予想されます。

米国政府は、非破壊検査機器の製造業者が定期的に検査活動に従事することを義務付けています。欧州標準化委員会(CEN)は、電気技術と電気通信を除く経済活動のすべての分野で欧州標準を計画、起草、採用するために認められた欧州の組織です。したがって、厳格な安全性の政府規制により、世界のNDT機器市場の成長が促進されます。過電流非破壊検査(NDT)装置市場に影響を与えている重要な傾向は、NDT機器とシステムの需要が西ヨーロッパと北米の先進地域から東ヨーロッパとアジア太平洋の発展途上市場に徐々にシフトしていることです。コストを削減し、既存の市場の傾向のように飽和に近いため、新しい市場に範囲を拡大するために、多くの製造業とサービス産業が新しい技術に向かっています。主なプレーヤーは、オリンパス、ゼネラルエレクトリック、フォースター、PRUFTECHNIK、Eddyfi、Zetec、UniWest、Rohmann、Magnetic Analysis、Ibg Prufcomputer GmbHなどが含まれます。

>
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]