世界のバイオ燃料酵素市場、2026年末までに8億1732万米ドルに達すると予想

現在、ほぼ4200種の酵素が知られておりますが、現実的に産業規模で生産されている酵素は約30種のみです。酵素生産の生化学、発酵プロセス、および回収方法の理解が改善されると、ますます多くの工業用酵素が市場に現れるようになります。

世界の酵素需要は、約15社の主要生産者と450社の小規模供給者によって構成されています。総酵素のほぼ70%(2018年)は、トップ3の酵素企業、すなわち、デンマークを拠点とするNovozymes、米国を拠点とするDuPont(2011年5月のデンマークを拠点とするDaniscoの買収まで)、およびDSM(Acquire Roche Business)によって生産されています。市場は非常に競争が激しくなっています。この市場に参加している大企業は4社のみで、Novozymesの市場シェアは63%です。

バイオ燃料酵素の世界的な生産量は、2015年の236030トンから2019年の278450トンに増加し、CAGRは4.22%でした。 2019年、世界のバイオ燃料酵素市場は米国が主導しています。世界のバイオ燃料酵素市場は2019年に6億1754万米ドルに達し、2026年末までに8億1732万米ドルに達すると予想され、2020年から2026年の間に4.50%のCAGRで成長します。ベンダー間の競争は、予測期間中に増加します。ベンダーは、価格設定、付加価値メリット、およびサービスポートフォリオに基づいて、市場で競争上の優位性を提供するために競争します。予測期間中、製品の拡張の増加に伴い、この競争が激化すると予想されます。今日の産業市場は競争が激化しており、コストを削減し、生産性を高め、生き残りをかけていくためビジネスの精度を高める能力が必要です。

原材料のコストは、費用のレベルに大きな影響を及ぼします。原材料の価格およびエネルギー価格などの関連要因が上昇し、会社がそれらの価格上昇を顧客に転嫁できない場合、経営成績および財政状態が悪化します。この業界にとって、バイオ燃料酵素の価格は非常に重要です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]