カーボンブロックフィルター市場、2026年末までに収益8億1274万米ドル突破予想

報告書によると、カーボンブロックフィルター市場の世界的な収益は2019年に5億44万米ドルであり、2026年末までに8億1274万米ドルに達すると予想されており、2020-2026年のCAGRは7.04%でした。カーボンブロックフィルターの主要企業にとって、ワールプールは2019年のランキングで1位を維持し、続いてカーボンブロックテクノロジー、LGエレクトロニクス、ヴェオリアウォーターテクノロジーズ、オムニピュアが続きました。トップ5のプレーヤーは、2019年のグローバルカーボンブロックフィルターの収益市場シェアの31%を占めました。この調査では、カーボンブロックフィルターの収益市場は5つの地域に分割されました。アジア太平洋地域は、2019年に37%という最大の収益市場シェアを占めました。ヨーロッパ、北米が続き、他の地域では市場が小さくなっています。製品タイプに基づいて、5-20ミクロンセグメントは予測期間中に最大の販売量の市場シェアを占めると予測されます。このセグメントは、量の面で2019年に46%のシェアを占めると推定されました。アプリケーションでは、産業セグメントが58%の最高の市場シェアを占めると推定されました。住宅および商業アプリケーションは、2020年から2016年までの今後数年間でより速い速度で成長することが期待されています。

世界的なカーボンブロックフィルター市場の主要なプレーヤーは、ワールプールやカーボンブロックテクノロジーなどです。これらのベンダーは、製品とアプリケーションの提供、グローバルフットプリントを拡大し、市場シェアを拡大するためにさまざまな戦略を採用しています。多くの大小のベンダーの存在により、市場は細分化されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]