ニューロモーフィックコンピューティングの世界市場、2029年末までに3億4,360万米ドルに達すると予想


人工知能(AI)は、ほぼリアルタイムのデータ分析の生成に依存していますが、現代のコンピューターは、大量の情報を認識、分析、および分類するタスクにおいて非効率的であることがよくあります。ニューロモーフィックコンピューティングは、脳機能の特定の側面をエミュレートすることにより、このギャップをカバーすることを目的としています。この脳にインスパイアされたアーキテクチャは、ニューロンとシナプスをエミュレートする計算とメモリの両方を組み合わせており、次世代のAIシステムの要件を達成する可能性があります。 NCテクノロジーは、特定のユーザーアプリケーションに対応するための新しいコンピューティングハードウェア上に構築されたアーキテクチャを使用して、リアルタイム学習をサポートするアルゴリズムを統合します。

ニューロモーフィックコンピューティングは主にこれらのアプリケーションに使用されます:IT&コミュニケーション、航空宇宙防衛、医療、自動車、産業など。IT&コミュニケーションは、2019年に世界全体の約65.95%を占める最も広く使用された分野でした。 ニューロモーフィックコンピューティングの世界市場は2019年に1,160万米ドルであり、2029年末までに3億4,360万米ドルに達すると予想され、2023年から2029年の間に90.03%のCAGRで成長します。米国は、過去数年間で世界のニューロモーフィックコンピューティングの最大の消費地域であり、今後数年間でリーダーの地位を維持します。 2019年の北米市場は世界市場の約36.12%を占め、ヨーロッパは約32.33%でした。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]