フライホイールエネルギーストレージシステム市場、2019年に1億3,246万ドルと評価

レポートによると、フライホイールエネルギーストレージシステム市場の世界的な収益は2019年に1億3,246万ドルと評価され、2020年末までに1億4,216万ドル、2026年に2億2,539万ドルの収益を生み出し、CAGR 7.89%で成長すると予測されていますこの市場は、グリッドアプリケーションでの使用が増加したため、大幅に成長しています。大手企業によるフライホイールエネルギーストレージシステムへの投資の増加は、予測期間中に市場の成長に好影響を与えると予想されます。フライホイールエネルギーストレージシステム業界では、市場が集中しています。PillerとCalnetix Technologiesは、世界的なリーダー企業です。レポートに記載されている10人のプレーヤーは、バリューマーケットの約80%を占めています。この調査では、Flywheel Energy Storage Systemsの販売市場を4つの地理的地域に分割しました。北米は、2019年に59%で最大の市場シェアを占めました。ヨーロッパと中国がそれに続きます。

フライホイールエネルギーストレージシステムの消費は、川下産業と世界経済に関連しています。今後数年間、世界経済には常にある程度の不確実性が存在するため、フライホイールエネルギーストレージシステム業界の成長率はそれを維持できない可能性があります。しかし、Flywheel Energy Storage Systemsの市場はまだ有望であることが確実に予測されています。製品タイプに基づいて、500KW未満のフライホイールエネルギー貯蔵システムタイプセグメントは、予測期間中の最大の消費価値市場シェアを占めると予測されます。このセグメントは、消費価値の観点から2019年の53%のシェアを占めると推定されました。アプリケーションでは、UPSセグメントが2019年に70%の最高市場シェアを占めると推定されました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]