グローバルコンタクトイメージセンサー市場、2019年に12億3300万米ドルを超える市場価値と推定

コンタクトイメージセンサーは一種の統合モジュールです。光学システム、光検出システム、照明システムの組み合わせです。すべて1つのコンパクトなシステム内にあります。これは、スキャナー技術に有用な用途を持つLEDセンサーの一種です。コンタクトイメージセンサーは、小型で経済的なイメージング機能の動力源であるため、人気を博しています。コンタクトイメージセンサーは、シリコン表面に入射する光を検知できます。コンタクトイメージセンサーでは、スキャンされるドキュメントとセンサーの間の距離は非常に短くなります。 CCDテクノロジー(電荷結合素子)とは異なり、シリコン表面のすべてのセルのサイズは、スキャンまたはキャプチャする情報のスケールに等しくなります。コンタクトイメージセンサーが画像をスキャンするとき、画像の拡大と縮小は必要ありません。メーカーは、コンタクトイメージセンサーの助けを借りて光学技術を革新しようとしています。明るさ、均一性、照明の深さ、光学シミュレーション技術は、コンタクトイメージセンシング技術のユニークな機能の一部です。

コンタクトイメージセンサーは、スキャナー(特にポータブルスキャナー)、光学識別技術、電子写真、バーコードリーダーで広く使用されています。コンタクトイメージセンサーは、ラインカメラの代わりに表面検査装置として使用できます。回路基板、プラスチックフィルム、印刷文書、鉄板などの着色、汚れ、部品の欠落、位置決めなどの標準以下の状態を検出できます。また認証のための高速スキャンにも使用できます。コンタクトイメージセンサーは、コピー機のスキャン部分でスキャナーとしても広く利用されています。

収益の観点から、QYRの市場調査アナリストは、グローバルコンタクトイメージセンサー市場が2019年までに12億3300万米ドルを超える市場価値をもたらすと推定しています。これらのスキャナーの高い携帯性と在庫管理を支援する能力などの要因は、予測期間中のこの市場の着実な成長を説明すると予想されます。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]