ポリエチレングリコール (PEG) の世界市場、非毒性ポリマーの需要増により2025年までCAGR7.3%で成長見込み(QYResearch発行レポートより)

当レポートによると、世界のポリエチレングリコール (PEG) 市場は、2018年に28億1071万米ドルに達し、2025年末までに44億5209万米ドルへ到達すると予測されています。予測期間中は7.3%のCAGR (年間複合成長率) で市場は成長する見込みです。
【耐摩耗性による複数のアプリケーションがポリエチレングリコールの需要を高める】

ポリエチレングリコールは、プロドラッグコンジュゲーションとみなされているため、ポリマーベースの薬物送達やその他のさまざまな生物活性に広く使用されています。 PEGlycation技術は、多くの医薬品およびバイオテクノロジー用途でのポリエチレングリコールの需要を強化しています。管理機関からの承認は、ポリエチレングリコール市場の成長の引き金と見なされます。その人気ゆえ、さまざまな医療機器や医薬品への使用が増加しています。イノベーションのための研究開発活動は、市場の需要を拡大することも期待されています。

ポリエチレングリコール市場は、創傷ケア、組織再生、細胞培養モデル、ドラッグデリバリー、医薬品開発、診断分野などのアプリケーションへのニーズの高まりにより、需要が急増するでしょう。また、その溶解性、非毒性、および耐摩耗性により、家庭用品、化粧品、木材処理、セラミック、農業、繊維、化学中間体、およびその他の用途でもよく使用されています。

【研究開発活動へ投資し、医療分野を後押し】

ポリエチレングリコールの主要なユーザーとして、予測期間中は医療セグメントの研究開発活動に対する投資が最も多く見込まれています。イノベーションと新たな発見が未来を形作ります。したがって、ポリエチレングリコールの需要は医療産業から創出されるでしょう。

【巨大な自動車産業の優位性により、アジア太平洋地域が市場を牽引】

中国やインドなどの新興経済により最大の自動車および製薬産業を抱えているアジア太平洋地域は、予測期間中に世界市場をリードすると予想されています。同地域では、建設部門の支出も増加しています。

2014年にダウケミカルは接着剤、化学中間体、パーソナルケア、セラミック、潤滑剤、その他の用途に組み込まれるポリエチレングリコールCARBOWAXおよびCARBOWAX SENTRY MW 200 1000水溶性ペグと固体ポリマーを発売しました。

世界の主要企業は、Dow Chemical、Ineos、BASF、花王、Blaunon、Liaoning Oxiranchem、Jiangsu Haian、Clariant、Croda、そしてPCC SEです。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]