ドキュメントリーダーの世界市場規模、2025年までに3億米ドルを突破予測(QYResearch発行レポートより)

当レポートでは、ドキュメントリーダーの主要トレンド、市場の成長要因/阻害要因、競合状況、セグメント別成長、地域別拡大などについて、より深い洞察を提供しています。

QYResearchによると、世界のドキュメントリーダーの収益は、2018年に2億米ドルに達し、2025年末までに3億米ドルへ到達すると予測されています。2019-2025年にかけて、5.4%のCAGR (年間複合成長率) で市場は成長する見込みです。
世界のドキュメントリーダー市場は、製品タイプに基づきモバイル型とデスクトップ型に分類されます。当レポートでは、さらにアプリケーション別の分類も行っており、主要なアプリケーションに、電車およびバスターミナル、銀行、ホテルおよび旅行会社、セキュリティ、政府、航空会社、空港などが挙げられています。ドキュメントリーダーは、身分証明書、旅券およびビザ、マイレージカード、磁気ストライプカードなどの真正性の自動検証のため、空港のセキュリティサービス当局に広く利用されています。

世界のドキュメントリーダー市場は、デジタルIDサービス市場で予想される急成長や身元確認ソリューションに対する強い需要から収益を得ると予測されています。カジノのセキュリティサービス、保険会社、チケットオフィス、イベント代理店、ビジネスセンターのセキュリティサービス、携帯電話会社、レンタカーサービス、法執行機関、国境管理および出入国管理サービスなどのアプリケーションで使用されています。ドキュメントリーダーの需要は、エンドユーザ―業界でドキュメントの照会や認証のプロセスを容易にし、自動化する必要性が増すにつれ、高まると予想されます。なりすまし犯罪、デジタル犯罪、および偽造を防止、検知、そして対処する必要性は、世界のドキュメントリーダー市場の成長を押し上げるもう1つの要因となる可能性があります。

北米は、ドキュメントリーダーメーカーに十分な成長機会を創出する可能性があります。早期の技術進歩、デジタルIDおよびドキュメント照会サービスの頻繁な利用は、北米のドキュメントリーダー市場の成長を強化すると期待されています。同地域の需要を促進すると予測されている主な要因は、感度の高いセキュリティシステム、高度なセキュリティ、認証、照会ツールの適用、テロへ対策への重点的な取り組み、米国イラン間に高まる緊張などがあります。

当レポートで網羅しているドキュメントリーダーの主要企業は、3M、Wintone、ARH、BioID Technologies、IDEMIA、Grabba、DESKO、DILETTA、China-Vision、PrehKeyTec、Regula Baltija、Access IS、そしてVeridosです。これらのプレーヤーは、新しいアプリケーションで使用できる高度な製品を発売するかもしれません。また、旅券局、政府のセキュリティ組織、税関および国境保護機関との長期契約を将来的に締結することを目指しています。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]