世界の画像誘導・ロボット支援手術:2025年までに市場規模は63億3,544万米ドルに到達見込み – 手術ミスも減少予測(QYResearch発行レポートより)

当レポートによると、世界の画像誘導・ロボット支援手術の市場規模は、2018年に25億5,732万米ドルに達し、2025年末まで63億3,544万米ドルへ到達すると予測されています。2019-2025年にかけて、13.91%のCAGR (年間複合成長率) で市場は成長する見込みです。
医療業界における技術の進歩により、画像誘導手術およびロボット支援手術の開発が進んでいます。これらの手術は、手術ミスを減らし、外科医のパフォーマンスを向上させるために開発されました。これらの手順により、3Dイメージングシステム、顕微鏡カメラ、リモートナビゲーション、モーションセンサー、ロボットカテーテル制御システムなどのツールが開発されました。また、これらにより合併症がさらに減少し、同時に患者の入院期間が短縮されます。低侵襲手術を必要とする脊椎損傷および神経損傷の増加は、市場のさらなる成長を後押ししてきました。

泌尿器手術分野では、前立腺がん、腎臓がん、尿路閉塞、膀胱がんの手術が複雑であるため、画像誘導手術およびロボット支援手術の採用率が高くなると予想されます。正確に手術を行う差し迫ったニーズが当セグメントの成長を促進するでしょう。

北米では、政府や民間の医療機関からの多額の投資により大幅な成長が見られます。また、複雑な療法へのロボット手術および医療ロボットの需要増は、市場の成長をさらに加速させています。

Intuitive Surgicalは最近、SchollyFiberopticのロボット内視鏡事業の買収を発表しました。この買収により、Schollyのロボット内視鏡製造ラインが統合され、Schollyの2つのサイトがIntuitive Surgicalの運営に統合されます。ドイツのDenzlingenとBiebertal にあるロボット製造ラインと米国マサチューセッツ州ウースターの修理工場です。この買収により、同社はサプライチェーンを強化し、イメージング製品の製造能力を高めることが期待されています。

当レポートに含まれる主要企業には、Philips、Medtronic、Siemens、BrainLAB、日立製作所、Stryker、XION、7D Surgical、Smith&Nephew、GE Healthcare、Integra LifeSciences、Zimmer Biomet、Karl Storz、Claron Technologyなどがあります。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]