工業用ポンプ制御パネル:世界の市場規模は2025年までに15億米ドルを突破見込み(QYResearch発行レポートより)


当レポートでは、工業用ポンプ制御パネルの主要トレンド、市場の成長要因/阻害要因、競合状況、セグメント別成長、地域別拡大などについて、より深い洞察を提供しています。QYResearchによると、世界の工業用ポンプ制御パネルの市場価値は、2018年に10億米ドル超に達し、2025年末までに15億9100万米ドルへ到達すると予測されています。2019-2025年にかけて、6.03%のCAGR (年間複合成長率) で拡大する見込みです。
火災安全システム分野での高需要が市場機会を創出 – 世界の工業用ポンプ制御パネル市場の成長を支えている主な要因は次の通りです。

・消防ポンプや消防ポンプモニタリング装置などの火災安全システムへの需要増
・主要地域の市場における工業の高度成長
・より進化した製品の発売やIIoTを導入するメーカーの増加
・産業部門内における全国防火協会基準の実施
・都市化の加速により、新興国内における様々なタイプのポンプ/ポンプ制御パネルへの需要回復

上下水道産業における工業用ポンプ制御パネル使用の増加 – 当レポートは、世界の工業用ポンプ制御パネル市場の主要な製品タイプセグメントの徹底的な分析を提供します。世界の工業用ポンプ制御パネル市場は、アプリケーション別でもセグメント化されます。当レポートでカバーされている主要なアプリケーションセグメントは、鉱業、化学および石油化学、石油とガス、水と廃水、そして電力を含むその他からなります。工業用ポンプ制御パネルの需要は、井戸ステーション、排水システム、下水システムなどの上下水道用途で改善すると予測されています。

北米における工業用ポンプへの高い需要 – 北米の工業用ポンプ制御パネル市場の主要な成長要因は次の通りです。

・上下水道業界でのIIoT対応機器使用の増加
・高度な産業用防火基準の実施
・製造施設や住宅地での火災事故回避のため、高まる消防ポンプへの需要
・水および廃水処理アプリケーションでの産業用ポンプに対する高い要件

【予想される市場勢力図 – 適度に分散】

世界の工業用ポンプ制御パネル市場で事業を展開している主要企業は、Grundfos、Guangzhou Baiyun Pump Group、Primex、Xylem、Zenit、Sulzer、Eaton、Infiltrator Water Technologies、ABB、Franklin Electric、Siemens、Zoeller、Rockwell Automation、ツルミポンプ、KSB、荏原製作所です。世界的企業は、ヨーロッパおよびアジア太平洋地域での水の使用、供給、処理、および公衆衛生を改善するための政府によるイニシアチブの実施から恩恵を受けると期待されています。水処理および廃水処理は、世界の工業用ポンプ制御パネル市場を牽引する注目の業界になる可能性があります。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]