ヒドロキシプロピルセルロース、世界市場は2025年までに2億850万米ドル規模に到達予測: 優れた安定剤、増粘剤として注目(QYResearch発行レポートより)

ヒドロキシプロピルセルロース(HPC)は、水溶性でかつ有機溶解性があるため、さまざまな医薬品に取り入れられています。当レポートによると、世界のヒドロキシプロピルセルロース (HPC) 市場は2018年に1億3,740万米ドルに達し、2025年末までに2億850万米ドルに達すると予測されています。予測期間中は6.14%のCAGR (年間複合成長率) で成長する見通しです。
ヒドロキシプロピルセルロース(HPC)は、保水力が高く、成分を安定させ、増粘剤としても作用するため、セルロースの代替としてさまざまな医薬品用途に使用されています。

HPCは賦形剤として作用し、薬物を長期間安定させるため、ドライアイなど涙の生成が少ないことに起因するさまざまな眼科疾患や炎症の治療に使用されています。義眼向け潤滑剤としての需要もあります。また、皮膜形成剤、コーティング剤、増粘剤、錠剤結合剤としての用途もあります。ゼラチンは体への副作用から敬遠されるようになり、食品産業でのヒドロキシプロピルセルロースの需要は急増しています。ゼラチンを含む食品の代替品として作用し、保水性、ボリューム、安定性、弾力性を高めています。

製薬会社の多くが医薬品や潤滑剤の製造にヒドロキシプロピルセルロース(HPC)を使用しているため、予測期間中に医薬品セグメントの需要増が見込まれています。

アジア太平洋地域では、資源の入手しやすさと安価な労働力により、製造拠点の増加が見込まれ、主要地域として予測期間中に市場が拡大すると予想されています。当地域における新興国の経済発展は、購買力の拡大をもたらしています。アジア太平洋地域における産業投資の増加は、当地域の需要を後押しする要因の一つに挙げられます。

ヒドロキシプロピルセルロース(HPC)市場でグローバルに事業を展開している主要企業は、Ashland、日本曹達、信越化学工業、Huzhou Zhanwang、Anhui Shanhe、Shandong Ehua、Tai’an Ruitai、Shandong Headです。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]