世界の食品グレードL-アラビノース市場、2025年までCAGR7.22%で成長見込み: 健康的な砂糖摂取への需要増が市場拡大を牽引(QYResearch発行レポートより)

L-アラビノースは、スクロースまたは他の甘味料の代替として、広く取り入れられています。炭水化物源として使用されるため、ベーキングミックス、ベーキング食品、バー、飲料などに含まれています。当レポートでは、世界の食品グレードL-アラビノース市場で今後数年に予測される潜在的機会や成長についてまとめています。QYResearchによると、世界の食品グレードL-アラビノース市場は、2018年に1,720万米ドルに達し、2025年末までに2,794万米ドルを超えると予測されています。2025年末まで、同市場は7.22%のCAGR (年間複合成長率) で成長する見込みです。
L-アラビノースは、炭水化物源として使用され、スクロースや他の甘味料との代替が可能であるため、多くの食品に組み込まれています。食品および飲料業界では、甘いソース、シロップ、スナック、スプレッド、かき氷、冷凍フルーツ、デザート、乳製品、調味料、チューインガム、菓子やフロスティング、シリアル製品、ベーキング食品、ベーキングミックス、バー、飲み物などで幅広く使用されています。

L-アラビノースは、植物の非デンプン性多糖類に豊富に含まれており、安価な代替源となっています。L-アラビノースは、スクロース摂取に関連するインスリンレベルと血糖値の管理に役立つため、糖尿病や肥満関連の罹患者の増加がL-アラビノースの需要を押し上げました。砂糖をL-アラビノースに置き換えると、スクロースの摂取が60%軽減され、グルコースレベルを減少させます。また、体内のグルコースを長期間調整するのにも役立ちます。

食品および飲料業界は、予測期間中に高需要が見込まれています。これは、L-アラビノースが体内の糖の摂取を調整し、心臓病のリスクや血中コレステロールを下げ、2型糖尿病を予防し、体重と体組成の管理を助けるためです。スクロースをL-アラビノースに置き換えることで、体内への脂肪の蓄積と前糖尿病患者の出現を予防することができます。

最も多くの食品および飲料業界が存在する北米が今後のL-アラビノース市場を牽引するでしょう。この地域は、食料と飲料の輸出も行っており、世界最大レベルの食品承認機関もあります。

L-アラビノースは植物由来でバクテリアを小さなバイオリアクターとするため、商業的なバイオ生産の可能性を生みました。FDAによって承認され、さまざまな食品および飲料製造業で使用と需要が増加しています。

世界の食品グレードL-アラビノース市場における主要企業は、Healtang、Futaste、Huakang Pharma、Longlive、Haole Bil-techです。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]