DCサーキットブレーカーの世界市場、2025年までに30億米ドル規模を超える見込み(QYResearch発行レポートより)

当レポートでは、DCサーキットブレーカー (直流回路遮断器)の主要トレンドおよび今後数年の動向に焦点を当てています。QYResearchによると、世界のDCサーキットブレーカーの市場規模は、2018年に20億米ドルに達し、2025年末までに30億米ドルを超えると予測されています。2019年から2025年にかけて、市場は9.64%のCAGR (年間複合成長率) で成長する見込みです。
【データセンターの需要増と電気ネットワークの改善】

DCサーキットブレーカーには、オーバーロードやショートから機器を保護したり、総所有コストを削減したりするなど様々な利点があります。金属や採掘機器で使用されるDCマシンドライブの効率的かつ確実で安全な動作の保証に役立ちます。世界のDCサーキットブレーカー市場にプラスの影響を与える重要な要因は次のとおりです。

・電気ネットワークインフラ開発への多額の投資
・スマートグリッド向けに特別に設計されたDCサーキットブレーカーへの高い需要
・データセンターのDC電源サービスと分岐回路保護の必要性
・商業および住宅用建物の配電ユニットにおけるDCサーキットブレーカーの高い使用率
・エネルギー消費の高い船舶、鉄道、その他の産業におけるDCサーキットブレーカー用途の増加

【エネルギー集約型産業におけるDCブレーカーへの高い需要】

製品の種類に基づき、世界のDCサーキットブレーカー市場はハイブリッドとソリッドステートに分類されます。当レポートは、輸送、住宅、産業など、DCサーキットブレーカーの主要なアプリケーションも網羅しています。電力消費量の多いマシンの多用による産業部門の高エネルギー消費は、産業セグメントにおけるDCサーキットブレーカーの需要を維持するのに役立ちます。新規電力グリッドの追加と老朽化した電力インフラの交換は、業界セグメントで多くの利益を得る機会を生み出すと予想されています。

【アジア太平洋地域における再生可能および持続可能エネルギー計画の影響】

アジア太平洋地域は、世界のDCサーキットブレーカー市場で目覚しい成長を遂げると予想されています。アジア太平洋地域のDCサーキットブレーカー市場の主要な成長ドライバーは次のとおりです。

・遠隔地における電化計画の実施と送電網の設置
・エネルギー需要の大幅な増加
・クリーンエネルギーの必要性および今後再生可能エネルギー部門をリードしていくと期待される同地域の潜在性
・持続可能なエネルギー戦略の実施
・送配電インフラへの多額の投資

【トップ戦略は政府からの受注と契約の締結】

世界のDCサーキットブレーカー市場で事業を展開する主要企業は、ABB、Yueqing Feeo Electric、Schneider Electric、Suntree、Eaton、三菱電機、Shanghai Renmin、Siemens、東芝、Legrand、富士電機、Liangxin、CHINT Electrics、Changshu Switchgear、Alstom、Rockwell Automation、およびSecheron Haslerなどです。政府部門とのパートナーシップの構築、M&A、および製品イノベーションは、今後数年間に採用する重要な戦略の1つとなるでしょう。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]