世界の化粧品有効成分の市場規模、2026年までに54億4,728万米ドルに成長予測

2015年から2019年までの過去数年間で、世界の生産と消費は安定して発展しました。世界の化粧品有効成分の市場規模は、2026年までに54億4,728万米ドルに成長すると予測されています。市場価値の面では、2019年にヨーロッパの販売が総市場シェアの27.37%を占め、大人口と高い経済成長率は、世界の消費額の40.42%の市場シェアを占めています。スキンケアに対する需要の高まりにより、化粧品の有効成分産業は急速に発展しています。

有効成分の用途は、スキンケア、ヘアケアなどに分類できます。化粧品の有効成分市場では、スキンケア製品が用途に関して重要なシェアを占めています。将来的には、生産と消費は安定した成長率で発展し続けると推定されます。増大する大きな需要を満たすために、より多くのメーカーがこの業界に参入します。化粧品有効成分製品の価格は、会社ごとに異なります。異なる会社の化粧品有効成分製品の品質には大きな違いがあるためです。さまざまな種類の化粧品有効成分の価格は非常に異なります。保湿剤は低価格で最も一般的に使用される成分ですが、機能成分の価格ははるかに高くなっています。ローエンド製品と比較してハイエンド製品の価格と粗利益が高いため、今後数年間で、企業は研究開発とハイエンド製品分野への移行により多くの投資を行うでしょう。

世界の化粧品有効成分市場の主要企業は、BASFやクラリアントなどです。これらのベンダーは、製品とアプリケーションの提供、グローバルフットプリントを拡大し、市場シェアを拡大するためにさまざまな戦略を採用しています。多くの大小のベンダーの存在により、市場は細分化されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]