GaN-on-ダイヤモンド基板の世界市場、2025年までに1億2968万米ドル規模に到達見込み(QYResearch発行レポートより)

2015年に3867万米ドルに達した世界のGaN-on-ダイヤモンド基板市場は、2025年末までに1億2968万米ドル規模に到達し、予測期間中は19.73%のCAGR (年間複合成長率) で成長する見通しです。

GaN-on-ダイヤモンド基板は、高出力アプリケーション向けの高度な電子デバイスに使用できます。高い周波処理能力および熱伝導率を兼ね備え、優れたエネルギー効率を有しています。GaN-on-ダイヤモンド基板は、主に軍事防衛のさまざまな側面で使用される高性能で強靭な電気デバイスの製造に使用されます。軍事防衛技術の進歩に伴い、製造業者は武器産業の発展に注力しているため、GaN-on-ダイヤモンド基板市場の成長が見込まれています。
GaN-on-ダイヤモンド基板の直径の増加は、高周波電子デバイスにとって不可欠です。ダイヤモンドには高い熱伝導性があり、熱を除去することで電力を増やし、アンプの信頼性を向上させます。アンプなどの高周波で高出力の電子デバイスが効果的に機能するためには、6インチウエハーのGaN-on-ダイヤモンド基板が主に必要とされます。

GaN-on-ダイヤモンド基板は、その高い周波処理能力、エネルギー効率、および熱伝導性から、航空宇宙アプリケーション業界で広範な優位性を持っています。また、電磁スペクトルを最大限に活用できるため、パフォーマンスの向上と軍事防衛アプリケーションが効率的に機能するのに役立ちます。これにより、GaN-on-ダイヤモンド基板市場に多くの成長機会がもたらされました。

当レポートの分析によると、北米はGaN-on-ダイヤモンド基板のイノベーションと発展において、継続的に成長してきました。北米における最新電子ウエハーの高品質な生産により、GaN-on-ダイヤモンド基板の需要と売上が増加しました。北米は、予測期間中にGaN-on-ダイヤモンド基板市場を牽引すると予想されます。

GaN-on-ダイヤモンド基板の主要なグローバル企業は、Element Six, Akash Systems, Qorvo, RFHIC Corporation、三菱電機です。中でも、Qorvoは2019年9月に米国陸軍のQ-53レーダーシステムに採用された革新的なGaNパワーアンプで2019年に市場をリードしました。予測期間中もQorvoが同市場をリードすると予測されています。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]