「癌免疫治療薬の世界市場の分析・予測」 – 調査レポートの販売開始

製品タイプに基づいて、免疫腫瘍学は主に免疫チェックポイント阻害剤、サイトカインベースの免疫療法などに分けられます。以下の表は、免疫腫瘍学の市場規模を金額(百万米ドル)、市場シェアで視覚的かつ明確に詳述しています。 2020年および2026年の各タイプの成長傾向。CAGR(2020-2026)は、各タイプおよび市場全体の免疫腫瘍学の価値に基づいています。

免疫チェックポイント阻害剤は、癌が完全に除去される前に免疫システムが停止するのを防ぎます。彼らは免疫療法の一種です。免疫系はがんと闘うためにT細胞に依存しています。これらの特殊な細胞は非常に強力で、健康な細胞を損傷する可能性があります。 T細胞の活動は、「免疫チェックポイント」によって制御されます。これは、ポジティブまたはネガティブです。陽性の免疫チェックポイントはT細胞の働きを助け、陰性の免疫チェックポイントはT細胞を遮断します。サイトカインベースの免疫療法は、サイトカインを利用して免疫系を活性化し、腫瘍を抑制することにより実行されます。 IL 1、IL 2、IL 12および顆粒球マクロファージコロニー刺激因子を含むTh1型サイトカインは、Th1分化およびTh1ベースの抗腫瘍反応の強力な刺激因子です。

がんワクチンは、がん細胞が「どのように見えるか」について免疫系を教育するのに役立つ免疫療法の一形態であり、がん細胞を認識して排除することができます。ワクチンは、ウイルスや細菌によって引き起こされる病気の予防に効果的であることが証明されています。 200年以上前に最初のワクチンが開発されて以来、20世紀で最も致命的な病気のいくつかを予防し、世界中で数億人の命を救ってきました。 T細胞は免疫系細胞であり、病気に対する身体の戦いでいくつかの重要な役割を果たします。それらは、免疫系が病気に反応し、病気の細胞を直接殺すのを助けます。残念ながら、天然に存在するT細胞は、がん細胞を認識して戦うのが得意ではありません。キメラ抗原受容体(T細胞療法は、患者自身のT細胞を変化させる免疫療法の一種であり、がんを認識して攻撃することができます。CART細胞療法は、多くの患者で非常に効果的です。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]