コードレス電話、5.8GHz周波数帯域とDECT 6.0テクノロジーに移行

コードレス電話は、ハンドセットとベースユニット間のコイルワイヤをワイヤレスラジオテクノロジーに置き換える電話のモデルです。ただし、コードレス電話はワイヤレス電話と同じではありません。ハンドセットは、充電のためにベースユニットに定期的に返却する必要があり、ベースユニットは電話回線とコンセントの両方に物理的に接続する必要があります。コードレス電話には通常、次の2つの部分が含まれます。

(a)PSTN回線に接続されている固定部分(基地局)
(b)1つ以上のポータブルセット(モバイルハンドセットユニット)

コードレス電話の消費者は、コードレス電話で3つの主要な機能を期待できます。最も重要なのは周波数です。 3つの重要な機能はすべて、範囲、音質、およびセキュリティを改善します。

2.4 GHz帯域は、過去5年間で大半のコードレス電話で使用されています。ただし、この帯域は、電子レンジ、ワイヤレスエリアネットワーク(WLAN)、Bluetooth、コードレス電話、リモートコントロールデバイスなどのデバイスで混雑しています。これにより干渉とパフォーマンスの問題が発生したため、メーカーは5.8GHz周波数帯域とDECT 6.0テクノロジーに移行しました。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]