口腔内崩壊錠の世界市場、CNS疾患セグメントは最大の収益シェアを保持

過去数年間で、口腔内崩壊錠の世界市場は急速に発展し、患者と医師の間で口腔内崩壊錠が好まれるようになっています。2017年、口腔内崩壊錠の世界的な収益はほぼ1億1200万米ドルで、実際の生産量は約2億1千万台です。

口腔内崩壊錠の分類には、抗精神病薬抗てんかん薬などが含まれており、2017年の抗精神病薬の割合は約16.6です。 2025年末までに世界市場の約20.3%の収益シェアを保持する。注目に値する15.7%のCAGRにより、このセグメントは8年間、他の薬物クラスセグメントよりも優位を維持します。

病気の徴候により、世界市場は中枢神経系(CNS)疾患、胃腸(GI)疾患、心血管(CVS)疾患などに区分されています。 CNS疾患セグメントは、世界市場で最大の収益シェアを保持し、消費割合は約53.4%であり、予測では、2025年の予測期間の終わりまでにこのセグメントの57.2%の市場シェアを示しています。
北米は最大の消費地であり、2017年の消費市場シェアは40.5%近くです。北米に続き、ヨーロッパは31.6 %%の消費市場シェアを持つ2番目に大きな消費地であり、中国は重要な販売地域でもあります。テバ、メルク、マイラン、ファイザーなどが業界のリーダーです。 彼らは主要な技術と特許を保有しており、ハイエンドの顧客を抱えています。 業界のグローバル市場チャネルを形成しています。 ただし、将来の市場拡大に伴い、将来的にはより多くの製造業者が存在していくと予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]