HbA1c試験装置市場、ユニット価格は今後5年間で減少傾向

過去数年間で、HbA1c試験装置の世界市場は急速に発展し、2015年から2019年にかけて平均成長率は9.04%でした。2019年、HbA1c試験装置の世界売上はほぼ13億5500万米ドルです。実際の生産量は約637.6 Kユニットです。HbA1c試験装置の世界平均価格は、2015年の2199米ドル/ユニットから2019年の2126米ドル/ユニットまで減少傾向にあります。世界経済の状況により、価格は今後5年間で減少傾向にあります。HbA1cテストデバイスの分類には、ベンチトップ、コンパクト、ポータブルが含まれ、2019年のポータブルの割合は約46.87%です。

HbA1c試験装置は、病院、在宅医療、その他の場所で広く使用されています。 HbA1c試験装置のほとんどの割合は病院で使用されており、2019年の割合は約52.4%です。北米は最大の消費地であり、2019年の消費市場シェアはほぼ38%です。北米に続き、ヨーロッパは消費市場シェアが29%の2番目に大きな消費地です。アジア太平洋が次に続きます。

市場競争は激しくなっており、 Abbott Laboratories、Roche、Siemens、Bio-Rad Laboratories、Tosoh、Danaher Corporationなどは、ハイエンドの顧客を持つ業界のリーダーとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]