従業員スケジューリング・ソフトウェアの市場規模、2026年には約6億918万ドルに成長すると予測

従業員スケジューリング・ソフトウェアは、主にクラウドベース、モバイルAPP、およびインストール済みPCに分類されます。クラウドベースは、2019年に全体の約69.59%を占める最も広く使用されたタイプでした。従業員スケジューリング・ソフトウェアは、主に中小企業、中規模企業、大企業、その他のアプリケーションに使用されます。そして、中小企業は、2019年に世界全体の約52.91%を占める最も広く使用されているタイプです。世界規模の従業員スケジューリング・ソフトウェアの平均価格は、世界的なトレンドの影響を受けます。将来さらに多くのベンダーが稼働する場合、平均価格は下落傾向にあります。

従業員スケジューリング・ソフトウェアの売り上げは、2019年の2億6,669万ドルから2026年には約6億918万ドルに達し、CAGRは12.52%の予測をしています。米国は、過去数年間で世界最大の従業員スケジューリング・ソフトウェアの消費国の1つであり、今後数年間で増加し続けます。 2019年の米国市場は世界市場の約44.38%を占め、ヨーロッパは30.58%で、中国は約3.3%のシェアを占めています。現在、米国、ドイツ、オーストラリア、カナダ、英国、および日本では、従業員スケジューリング・ソフトウェアの主要な開発が行われています。Humanity、Pioneer Works、Deputechnologies、Paycor、TimeForge Scheduling(TRUNO)、WhenToWork、TimeCurve、Workforce、Planday、Zip Schedulesなどは、グローバルな従業員スケジューリング・ソフトウェア市場の主要なサプライヤーです。トップ10で2019年の世界市場の約45%を占めました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]