著作権侵害やアカウント不正共有による損失、2022年までに世界で660億米ドルに到達見込み(Parks Associates発行レポートより)

当レポートでは、著作権侵害を特定し対処するために、最新動向やビジネスモデル、そしてベストプラクティスを検証しています。

Parks Associatesによると、有料TV加入者および非加入者がアクセスする海賊版動画サービスの価値は、2023年までに世界で670億ドルを超えると見られています。もし世界の有料TV加入世帯の10%が契約を破棄し、海賊版の動画コンテンツを使うようになれば、2023年には60億米ドルもの損失額が発生すると予測されています。

当レポートでは、コンテンツの著作権侵害の傾向、新たな著作権侵害を阻止する方法を検証し、ビデオ業界に著作権侵害が及ぼす影響について今後5年間の予測を提供します。また、産業規模の事業体による著作権侵害事例への実際のケーススタディも検証しています。当レポートによると、米国では2019年にビデオプロバイダーによる認証情報の共有で91億米ドルの損失が発生し、そのうちの28%、すなわち約25億米ドルが著作権侵害による損失額でした。これは、北米における著作権侵害の被害総額84億米ドルの一部にあたります。

Parks Associatesのコントリビューティングアナリスト、スティーブン・ホーリー氏は、「84億米ドルのうち、その他の被害は、制作会社、配給元、改造された消費者デバイス、他の著作権侵害者などから提供されている動画コンテンツの盗用に起因している」と指摘しています。

当レポートでは、米国の有料TV事業者による著作権侵害の対抗措置のほとんどが、認証情報の共有やアカウントの悪用を検知し減少させるものであるとしています。認証情報の共有により、有料TV事業者は収益を大幅に失います。Parks Associatesが米国のブロードバンド加入世帯に行った調査によると、他人の認証情報を使って5%が有料TVにアクセスし、6%がオンラインの動画サービスにアクセスしていたことがわかりました。

Parks Associatesのプレジデント、エリザベス・パーク氏は、「2019年に米国では1250万人以上の有料TV加入世帯が海賊版動画にアクセスしました。これは、ユーザー数は多いけれど1回線当たりの平均売上が低いアジア太平洋地域と比較すると低い数字」と分析します。

前出のホーリー氏も次のように述べています。「認証情報の共有は2つのカテゴリに分類されます。ほとんどの場合、共有は軽い感覚で行われており、そこから利益を得る意図はありません。しかし、より大きなリスクがあるのは、海賊版です。ダークウェブを介して盗まれた大量の消費者データベースを購入し、オートメーションを使って侵入可能なエンドユーザーアカウントを発見しているのです。」

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]