ダルベポエチンアルファ:内因性エリスロポエチンと同じメカニズムで赤血球生成を刺激

ダルベポエチンアルファ概要

ダルベポエチンアルファは、グリコシル化を促進するために、ヒトエリスロポエチンの165個のアミノ酸残基(MW=37 kD)のうち新たに2つのN-結合型糖鎖を導入した合計5つのN-結合型糖鎖を有します。組換えDNA技術により、チャイニーズハムスター卵巣(CHO)細胞で生産されます。ダルベポエチンアルファは、内因性エリスロポエチンと同じメカニズムで赤血球生成を刺激します。

エリスロポエチンは前駆幹細胞と相互作用して赤血球の産生を増加させます。エリスロポエチンがエリスロポエチン受容体と結合すると、受容体の二量化が起こり、細胞質内のJAK-STATシグナル伝達経路の活性化が促進されます。活性化されたSTAT(転写のシグナル変換器および活性化因子)タンパク質は核に移動し、そこで細胞分裂または分化に関与する特定の遺伝子の活性化を調節する転写因子として機能します。

ダルベポエチンアルファのバイオシミラー市販薬

ダルバチーター:Torrent Pharmaceuticals

ダルバチーター40mcg注射は、慢性腎臓病や化学療法により発生した貧血の治療に用いられます。本剤は、骨髄を刺激してより多くの赤血球を産生することにより作用します。

ダルベポエチンアルファのバイオシミラー新興医薬品

CJ-40001:HK inno.N

HK inno.Nは、貧血治療薬CJ-40001を開発している企業です。

ダルベポエチンアルファの主要プレーヤー

ダルベポエチンアルファの治療法を開発している主要企業は約10社以上あります。

パイプライン開発活動

パイプライン開発活動としては、共同研究、買収・合併、ライセンス、治療評価などがあります。

ダルベポエチンアルファ市場は、製品タイプ(単剤、合剤)、ステージ(前臨床と創薬候補段階、初期・第一期、中間期・第二期、後期・BLA申請中および第三期、生産中止および休止候補)、投与経路(皮下、静脈内)、分子タイプ(モノクローナル抗体、ペプチド、タンパク質、低分子)に分類されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]