EOデータとその派生製品の売上高、2029年までに年間81億米ドルに到達予測 非画像データタイプのコンステレーションによる新規ビジネスモデル促進に期待

EO市場は、政府、軍事、金融の顧客、新しいコンステレーションの機会に牽引され、今後10年間で600億米ドルの市場を生む

COVID-19による衛星地球観測(EO)市場への影響は限定的であり、EOデータとその派生製品の売上高は2029年までに年間81億米ドルに達すると予測されています。売上高は、強い需要と多様性のニーズにより、政府、軍、金融サービスを基盤とする顧客によって推進されます。光学、レーダー、無線周波数監視などの新しい非画像データタイプの衛星のコンステレーションは、業界の供給量を劇的に増加させ、新しいビジネスモデルを促進することが期待されます。

投資と周知により、地球観測のための衛星コンステレーションの開発は推進されています。コンステレーションの一部として1000以上のEO衛星が2029年までに打ち上げられると予測されており、そのうち78%は光学ペイロードを搭載しています。また、その他の業界がCOVID-19の影響で縮小に転じているにもかかわらず、同市場は投資のペースを落としていないことが報告されています。

EO市場で扱う、大量のデータとサービスに対し、人々の注目が集まっています。 業界は、従来の1回限りの購入から、EOデータ、情報、モニタリング、IaaS(インサイト・アズ・ア・サービス)の提供に向けて変わろうとしています。そのため、クラウドコンピューティング、人工知能、機械学習など他のテクノロジーと同様に、衛星コンステレーションも主要な役割を果たしています。過去10年間、衛星インフラへの投資が強く注目されてきましたが、下流のサービスの台頭も進み、2020年まで投資が継続されています。

打ち上げ計画が注目を浴びている一方で、業界の課題も指摘されています。競争と標準化の欠如は市場への浸透を遅らせると予想され、多くのプレーヤーが高い設備投資と躊躇する顧客の問題に直面しています。コンステレーションは規模を拡大させ、サブスクリプションサービスはEOデータへのアクセスを増やしています。ただし、製品やサービスの価格や構造はそれぞれ異なっています。このため、購入には、かなりの時間がかかり、市場は期待されているよりも緩やかに成長することが考えられます。

データとサービスの流通の改善により、数十のコンステレーションを介した供給量に追いつくことが期待されています。持続的モニタリング、温室効果ガス、無線周波数観測、クラウドコンピューティングなどの新機能により、市場は今後10年間でより消費者に優しいセクターとなる見込みです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]