HTS衛星コンステレーションにおけるCAPEXの総額、推定220億米ドル超 プレーヤーは、18以上の衛星通信事業の収益で差別化された事業を展開

各コンステレーションは特定の条件でビジネスケースを解決

今後10年間でHTS衛星コンステレーションの収益が680億米ドルに達する可能性があり、各ビジネスケースの実現性は様々であると考えられます。 SpaceX、OneWeb、mPower、Amazon、およびTelesatには、高スループット、低遅延、ユビキタスカバレッジ、エンドツーエンドの安全な接続性を介して、基本的に健全なコンステレーション事業を構築する機会があります。GEOやNGSO内での競争は激しいものになると予想されますが、新しい分野ごとに、十分な可能性が与えられています。

CAPEXの総額は220億米ドルを超えると推定されていますが、コンステレーション・プレーヤーは、18以上の衛星通信事業の収益で差別化された事業を展開することで、投資収益を上げ、補充することができると考えられます。安全なクラウドエンタープライズと接続されたフリートのユースケースの出現、40%から78%に及ぶ価格需要の柔軟性は、非GEOプレーヤーのビジネスケースの解決に大きく貢献すると予測されます。2021年以降、より多くのGEOプレーヤーが非GEOプレーヤーと経済的に競争するために統合を開始すると期待されています。

CAPEX、価格柔軟性、GEO競争、および組織の依存関係に応じて、各プレーヤーのビジネスモデルに影響を与えるリスク指数が異なることが考えられます。これらのコンステレーションが2021年から2024年の間に発表されると、ブロードバンドとトランキング・アプリケーションのパフォーマンスに注目が集まり、また、ネットワークと価格を最適化し、干渉を回避するためのソフトウェアを利用することで、各プレーヤーが収益を最大化しようとしています。これらのベンチャー企業の規模を考えると、クラウド上のアプリケーションは、標準化されたサービス・オーケストレーションと相互運用性を備えた中心的な役割を果たし、これからの衛星通信ネットワーク内の必須条件となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]