衛星受注と打上げの市場規模、今後10年間で累積4780億米ドル到達の見込み 政府主導で衛星受注は新たな高みへ

衛星受注および打ち上げは、今後10年間で4780億米ドルの市場規模で成長すると予測されています。この新しい研究では、500kg以下の衛星を対象に、衛星の質量クラスと用途に分類されています。国際宇宙ステーションやそれ以降の貨物および乗組員ミッションが、今後10年間の市場のかなりの部分を占めています。

全体的に、競争力の高まる環境のため、すべての業界関係者にとって、短期的なビジネスケースの実行の可能性に関しては、依然課題が多くあります。競争の激化による市場価格の値引きは、需要の増加と価値の低下を同時にもたらすことになります。衛星の受注数が 1万2000 件を超え、衛星一つあたりの価格が低下する中、従来とは異なる新しいビジネスモデルやカスタマイズ可能なソリューショ ンが市場に参入し、いままでの方式に影響を与えています。

製造価格と需要のバランスは、多様な顧客や用途の優先順位によって変化しており、従来の市場指標は信頼性に欠けるものとなっています。

打上げサービス市場も同様のダイナミクスを経ており、変化し進化する顧客ニーズに対応するため、市場は多様化しています。打上げサービスプロバイダーとサードパーティサービスプロバイダーは、独自の、より包括的でカスタマイズされたサービスでこれらの要求に応えています。

業界標準が進化しているにもかかわらず、技術革新と技術開発の結果、全体的な需要のパイは拡大し続けています。しかし、現在のプレーヤーや台頭する意欲的なプレーヤーをすべてサポートするには、資金面やその他のリソースが十分にありません。市場では『底辺への競争』になる前に、すでに統合と撤退が今後10年間の成長トレンドになると予想しています。

政府・軍事部門は、惑星探査やLEO(Low Earth Orbit)を超えたミッションに重点を移しています。累積収益は3874億米ドルを超え、圧倒的な収益源になると考えられます。同時に、宇宙の商業化は、軌道上サービス、商業的有人ミッション、HTS(ハイスループット衛星)などの新しい市場の開発により、急速なペースで続いています。特に科学、状況認識、地球観測分野での新規需要の拡大が期待され、また、業界全体の供給の多様化により、市場の拡大が見込まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]