衛星容量市場、COVID-19の影響から3年で回復予測 さらに2022年から2029年にかけて収益倍増も

HTS大容量通信衛星)は2029年までに純収益が175億米ドルに達すると予測されるが、この成長の実現には新たな機能への投資が求められる

COVID-19が主要な衛星容量の成長に大きな影響を与えています。しかし、その影響は短期的で、3年後には2019年の収益レベルに回復すると期待されています。また、長期的にも、2029年までに衛星通信の収益が265億米ドルに達すると予測されています。新規設置に関しては、サプライチェーンやロックダウンの影響を受けてはいるものの、バックホール、コンシューマーブロードバンド、政府・民間、一部の海事分野は、COVID-19に対する回復力の強さを示しています。一方、航空宇宙と大型客船事業は成長軌道を断たれましたが、長期的な潜在力は失われていません。

バックホール、デジタルデバイド、ブロードバンドにおける市場の対応可能性は、新しい CAPEX(資本的支出)の効率性により、3倍から10倍の増加が予測されています。さらに、一部の地域での供給過剰により、事業者は価格を割引し、その結果、Satcom(衛星通信)をより広範な市場に押し上げることになるでしょう。ビジネス航空、商船、政府・軍需産業は、事業者とサービスプロバイダが、高トラフィックのホットスポットでマルチ軌道容量アーキテクチャを実装しても、ビットあたりの収益を最大化する態勢を整えています。また、多くの地域でCバンドを再利用することで、ネットワーク・アプリケーションのFSS(ファイルセキュリティシステム)への依存度を減らします。

最近の相次ぐ倒産や撤退は投資家を動揺させましたが、Satcomには価値と成長を生み出す大きな可能性を秘めています。この成長には、健全なバランスシートと、新しいインフラ(HTS、地上セグメント)、技術(クラウド、5G、SD-WAN、フラットパネルアンテナ)、ビジネスモデル(マネージドサービス、顧客志向の販売チャネル、MNOとの共同投資)への投資準備が必要となります。COVID-19は、業界全体で必要とされるM&Aのきっかけとなる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]