カンナビジオール(CBD)市場、2024年に35億米ドル到達見込み

カンナビス・サティバ(Cannabis sativa)は、最も古く、最も汎用性の高い栽培植物の1つとして、5,000年以上にわたって人類に利用されてきました。その用途は、食用や飼料用の種子を原料とした繊維の生産、食用や技術的な用途のための油の生産から、カンナビノイドを用いた痛みやうつ、吐き気などの治療のための薬用利用にまで及びます。国連は、60年間にわたり「禁止スケジュール」とも呼ばれるスケジュールIVの規制物質に指定されていた大麻と大麻樹脂をこのリストから削除しました。また、天然のCBDは、国連の麻薬に関する単一条約において麻薬に該当する可能性があると発表されていましたが、欧州委員会により麻薬に該当しないことが宣言されました。これらの決定により、薬としての可能性を最大限に引き出すための研究が進むことになります。

カンナビノイドは、C. sativaの二次代謝産物の中で最もよく知られ、広範囲に研究されているものの一つです。40年前から∆9-THCは麻薬として分類されており、がん化学療法の副作用やHIV/AIDS患者の体重減少に伴う食欲不振など、医療上の問題や用途に応じた医薬品として食品医薬品局(FDA)から認可されています。一方、非向精神薬であるCBDは、現在、世界のヘンプ産業の売上の50%を占めており、このCBD市場は2024年には世界で35億米ドルにまで成長すると予想されています。C. sativaでは、一般的に知られているこれら2種類のカンナビノイドの他に、合計で約120種類のカンナビノイドが特定されています。

C. sativaには120種類のカンナビノイドが含まれていますが、これらのカンナビノイドは植物に少量しか含まれていないため、バイオテクノロジーを用いて合成すれば、薬理学的プロファイルや効果を明らかにする上での限界を回避することができます。

バイオテクノロジーによる生産ルートと、現在の最先端の抽出・生産プロセスとの相乗効果により、現在はまだ知られていないカンナビノイドのさらなる有益な効果を解明することができます。カンナビノイドのバイオテクノロジーによる生産には、さまざまな方法があります。植物、藻類、真核細胞培養物、酵母などの真核生物だけでなく、細菌などの原核生物や酵素を用いない無細胞システムでも製造することができます。C. sativaの天然カンナビノイド合成は、3つの異なる経路の酵素、生成物、中間体を組み合わせた複雑な経路系を介して行われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]