ワイヤレスEV充電の市場規模、2030年には27億米ドル到達へ PHEVの電気駆動率向上の可能性も

ワイヤレス充電は、ケーブルの乱雑さを解消し、ドライバーの利便性を大幅に向上させます。また、EVが一定の距離に近づくと自動的に充電が開始されるため、将来の自律走行車では特に有用です。ワイヤレス充電は、プラグインハイブリッドEV(PHEV)の電気駆動率を向上させる可能性もあります。この改善により、自動車の排出ガス削減体制における会計処理の改善をサポートできるようになるため、OEMはこの技術を推進することになるかもしれません。また、商用車アプリケーションでのワイヤレス充電は、車のメンテナンスコストを削減し、スペースの節約を可能にします。

同市場で普及を目指すための障壁としては、特定の国際基準がないこと、安全性への懸念が残っていること、さらにコストが高いことなどがあります。推奨されるプロトコルは方向性を示してはいるものの、グローバルなマルチベンダーの相互運用性を保証するには十分とは言えません。したがって、すべての市場関係者は、標準をさらに詳細化することを優先すべきです。コスト面での開発は、標準規格の統合、OEM技術の採用、家電製品などの他のアプリケーション向けのワイヤレス充電市場で生まれた技術の指標になると予測されます。

今後、EV充電の利便性の向上、PHEVの電気駆動利用率の向上、車両メンテナンスコストの削減により、2030年までのワイヤレス充電機器市場に与える影響が注目されます。ワイヤレス充電装置の採用率は、電力レベル、アプリケーション、地域によって異なります。

ワイヤレスEV充電の市場規模は、2025年には約8億700万米ドル、2030年には27億米ドルに達すると予測されています。22kW未満の電力レベルでは、初期市場は民間所有のPEVがプレミアムセグメントになり、2030年以降は公衆無線充電ポイントが続くでしょう。22kW以上の高出力レベルは、バスが先陣を切ってフリートに対応すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]